ブログを始めたきっかけ

SNSとブログの違い

先日記載した通り、ブログを始めた理由は、「悩み解決」と「情報発信」です。インナーブランディングとアウターブランディングとご理解いただければ大丈夫です。今日はその中でも最近ご来場頂いている人が増えましたので、このタイミングで社員以外の方へ、ブログを始めた理由、目的を記載します。私はあくまでも営業マンです。情報発信=自分の売り込みだと理解して頂ければと思います。

なぜ??自分を売り込もうと思ったのか??それは家具を売るためです。
モノを売る事が目的です。モノを売る方法を色々考えていました。もちろんフェイストゥフェイスで販売する事が1番好きです。

自分の売り込み

しかし一つ前の記事で書いたように、そのスタイルでは、自分自信が、会社の成長に追いついてません。
何としても会社の成長=雇用の数だけ私が稼ぐ必要があります。誰よりも稼ぐ必要があります。このままじゃダメだと考えました。

ご存知の方も多いと思いますが、私は、一枚板専門です。その他の商品を販売した経験があまりありません。その中で、「どうやったらその他商品が売れるのか??」と検討しました。もちろん開発をして、マーケティングをして、営業活動これが本来の王道だと思います。
ただその仕事をしている人は弊社には、みなさん優秀です。優秀な人がたくさんいます。今更私が、そのステージに突入しても会社への貢献度上がらないと判断しました。同じ事をしても企業の生産性が上がらないのではと思いました。

私なりのモノを売る方法

うーん何か方法はないか??私なりのモノを売る方法・・・と考えました。問屋・メーカーは、時に残酷です。良い商品が完成したからと言って売れる訳ではありません。お客様の在庫リスク・お客様単価を考慮する必要があります。いくら展示が出来たとしても売り越しを頂けなければ継続的な商売を遂行する事は出来ません。

そこで私は、視点を変えて、自分とセットで商品を購入して頂く方法を考えました。一枚板の専門ですが、弊社の商品であれば、何でも良い。商品は、お客様に自由に選んで頂けば良いと思いました。あとは私を売り込む方法です。小売店様にメリットが無いと商売は続きません。あくまでも「win-win」の関係を続ける方法を考えました。

ブログは、自分を売り込むカタログ

そこで思い立ったのがこのブログです。今までの経験・学んだ事を売る事は出来ないかと考えました。もちろん実績も何もありません。サラリーマンが個人を売る事が出来るのか??と不安もたくさんあります。しかし私のモットーは「やってみなければ分からない」と言う事です。その為、自分のカタログを作る必要がありました。写真を貼って文章を書く一般的なカタログではありません。私が言うカタログは、このブログです。

汚いようですが、これが「情報発信」の目的です。もちろん個人的に、モノを売りたい訳ではありません。あくあでも弊社の商品を売りたいだけです。しかし私は、入社した当時から一枚板のみの営業マンです。それ以外の消費に対して営業できる知識がありません。そして全カテゴリーを勉強している暇もありません。そこで考えたのがこのブログです。このブログを使ってどのようにモノを売ろうとしているのか、ご理解頂ければと思います。

自分のカタログ作成になぜブログを選んだのか説明します。SNSが普及して、誰でも簡単い情報を発信出来るようになりました。ただSNSの特性を考えると、色々なSNSを使いこなす必要があると思っています。要は、一つのツールで個人のカタログ作成は出来ないと思いました。私のSNSに対する解釈は、こうです。主に代表的な3つを下記に記載します。

    •  facebook(ビジネスチャンス◯情報発信力◎プライベート△)
    • インスタ(ビジネスチャンス△情報発信力◯プライベート◎)
    • ツイッター(ビジネスチャンス◎情報発信力△プライベート◯)

※あくまでも私が全てのSNSを実際に使用した感覚です。

ビジネスチャンス

ビジネスチャンスこれは、圧倒的にツイッターが今は、効率いいと思っています。誰にでもダイレクトメールを送れます。また人との交流がものすごくタイムリーで、更新のスピードも早いです。何だかんだツイッターがチャンスを捕まえれる可能性あると思います。わざと著名な人に喧嘩を売って炎上させることもできます。リツイート・コメント・タグ付けなんかスピーディーに出来ます。どんな有名人であろうと、どんな経営者であろうと、人から応援されて悪い気する人はいません。

いつの日か憧れの人と繋がれる唯一のツールだと思っています。特に最近ビジネス社会で人気の人達は、ツイッター出現率高いです。1番ポジティブ、これからの日本を支えるような人達と繋がれる可能性を秘めているツールだと思っています。ただし問題があります。業界内ではそこまで盛り上がっていません。これは事実だと思っています。

ものスゴイ数検索しましたが、そこまでアカウントを探す事出来ませんでした。発見出来たとしても盛り上がってはいません。
そこでツイッターでカタログ作成を断念しました。もちろんツイッターからブログに飛ばす、facebookに飛ばすみたいなさ流れが1番効率良いと思っています。

情報発信力

これはやはりfacebookが強いと思っています。今では広告としての役割が大きいと思います。個人の情報と言うよりも企業の情報発信を考えれば、やはりfacebookかなと思います。ただしものすごい広告が乗っています。ある程度の費用をかけないと効果が薄れていると言う懸念点もあります。そしてfacebookの1番の強みは、ただ見ているだけユーザーが異常に多いです。コメント、いいねの数にこだわら無い方が良いと思っています。

これは、私がブログの記事を上げて痛感しました。いいね。なんかは、数件ですが、しかし、ブログへのアクセス数は、十倍になります。これだけfacebookは、斜めから見ている人が多いと言うことです。投稿もしない。反応もしない。でも何となくfacebookを開いてしまう。みたいな人は多いと思います。まだまだ侮れないツールだと思います。

ブログなど自分の事を知っている人達に宣伝するには、facebookが1番効率良いです。長文も書けます。しかしこのブログで書いていている文字数を毎回facebookに乗せるとなると少し抵抗があります。そこでfacebookも断念しました。

プライベート

これは、やはりインスタだと思います。インスタ映えなど単語が出来るぐらいですから、プライベートにSNSを楽しみたい人はインスタを使った方が一番いいと思います。なかなかインスタから直接的な商売につなげるのは難しいですね・・・
企業広告よりも素人が上げているプライベート感溢れる投稿の方が効果あったりしているみたいです。

少しでも玄人感が出ると逆にまったく反応が悪くなる難しいツールだと思います。海外での使用率は高いです。その為海外との繋がりは効率的です。海外では、ビジネスツールとしてインスタが浸透しているようで、企業で力を入れている割合は日本よりも多い印象があります。タレントさんや芸人さんみたいに、あくまでも実社会で活躍している人達のカタログは作れるツールだと思います。芸能人の交友関係を露出する事で、好感度を上げている人達も多いみたいです。

しかし私みたいな人間がインスタでカタログを作るのは不可能です・・・私の私服や、食事、交友関係を乗せたとて、それは商売に繋がりません。あくまでも身内用のプライベートツールだと思っています。

最強のツールは、ブログ

このようにSNSは、似ているようで使用目的を考慮するとまったく違うモノになってしまった気がしております。そのため、「ビジネスチャンス」「情報発信力」「プライベート」全てを打破するツールはありません。この三種の神器が揃ってはじめて個人のカタログが完成すると思っています。

では、ブログはどうでしょうか??私は唯一、1つのツールで全てを打破出来る魔法のツールだと思っています。
もちろんSNSと違いアップするのは、時間がかかります。たまにツイッターみたいなブログも存在している事も事実です。ブログを名乗るのであれば、そなりの文章量は必要になってきます。また無料ではありませんので、維持するには、それなりのコストも必要です。

ただ全てのツールを使ってみて、一番満足度高いのは、このブログです。なんかSNSは蓄積している感がありません。昨日あげた投稿にも価値はありません。しかしブログだと時間とコストをかけた分、過去の記事もそれなりの価値を見出してくれます。
賃貸なのか??持ち家なのかみたいな感じです。どうせ長年運営するので、あれば蓄積する、自分の財産になるブログをおススメします。

こうしてカタログ作成には、このブログを活用する事に決めました。もちろんSNSと違い難しいです・・・私も助言・お手伝いをして頂きながら運営しております。自分一人でやってましたが、やはりそこはプロに方のお力を借りる事を選びました。家具でも同様です。カタログを作る時、私は作りません。カタログを作れる人に作っていただきます。

ブログを活用して自分を営業する

そのカタログを使って、私は営業をするだけです。
カタログ=ブログの箱。ブログの記事=営業活動だとご理解ください。「なんだよ結局モノ売る為かよ」と聞こえてきそうです。では、言わせて頂きます。「その通りです。モノを売る以上に素晴らしい事はありません」「モノを売る以上に社会に貢献出来る仕事はありません」「モノを売る行為だけが、三方良しを遂行出来ると思っています」

しかしこの営業活動が大変難しいです・・・何を書いて良いのか分かりませんし、どこまで書いて、セーフなのかも分かりません。何としても営業活動しないといけません。記事が面白くて初めて立派なカタログの完成です。その時点で始めて購入してくれる人が1人いるかもしれないレベルです。

そこで私は、同じサラリーマンが書くブログを読み漁りました。正直、私は楽しかったです。それは同じ立場だから楽しく感じたのだと思います。楽しいの理由は「共感」でした。「あっ分かる分かるみたいな感じです」しかし実際に商品を購入してくれる可能性があるのは、経営者の皆まさです。もしくはそれ相応の決済権がある方となります。

売れるカタログにする為には、「良し経費がかかっても、この人にお仕事のお手伝いを任せよう」と思って頂く必要があります。そこで視点を変えて、ブログの中から弊社のお手伝いをして欲しいレベルの人がいるのか、考え読み返しました。その結果おりませんでした。面白く無いでは無く、説得力に欠けている事に気付きました。それをまとめて面白く無いと言われているのだと思います。その原因は、下記に記載した通りです。

サラリーマンが書くブログがつまらない理由

  • 匿名が多い。
  • 文章が短い(SNS程度のブログが多い)時間をかけていない。
  • コピーペースト・引用が多い。
  • 成長が見えない、何をやっている人なのかいまいち分からない。
  • 記事の更新ペースが悪い。
  • 誰かを傷つける覚悟が無い。
  • そもそも知らない人のブログなんて面白く無い。

こんな記事が多いです。私も思います。我々サラリーマンと経営者が書くブログでは、雲泥の差があります。何せ存在に価値がありません。どこにでもいる私みたいなサラリーマンと世界を歩いて旅している人がいれば、間違いなく後者が書くブログを皆好むと思います。

実績があったとしてもそれは、会社の看板あっての実績となります。その為、我々がどんなに仕事を頑張っても、関係無い人が我々に投資をして頂く事は難しいです。

サラリーマンは、色々な「しがらみ」の中で生きています。「これは書いていいのか??」「こんな事書いて大丈夫なのか??」みたいに、必ず忖度が、発生します。あくまでも会社に雇用されている為、私に問題があれば、会社の責任問題と上げ足を取られる可能性もこあります。そのせいで、匿名でブログを書いている人が多のだと思います。私はこれが問題だと思っています。

別に炎上しようと、誤解を生んだからと言ってなんなのか??と思います。ネットには常に人の上げ足を取ってやろうと、日々労力を使っている人達が大勢います。そんな人たちの事は無視しましょう。

1番多かったのが会社の人に怒られるみたいな記事もたくさんみました。会社の人に見れてたくない。と断言している記事もたくさんあります。一言で言えば、実社会とブログの世界を分けている人達のブログは説得力がありません。では楽しいと思ってもらえるブログとは何か??と思い考えました。

ブログの楽しい書き方

匿名では無く、実名で書く

確かに、上げ足を取る人います。何事も斜めから見ている人います。むしろ、たくさんいらっしゃいます。しかし、そんな人達に気を使い、本来伝えたい事、思っている事を書かないなんてもったいないです。匿名なんか本末転倒です。せっかくのビジネスチャンスが匿名にするだけで、確率がグンと下がります。もちろんメール機能をつけておけばそれなりのコメントはくるかもしれません。しかし匿名(隠れて)情報発信している人に誰が何かを任せようと思うでしょうか??なによりも身近な人に対して、読んでもらわないと、記事の内容が空想の世界だと疑われてしまいます。

私のブログは、ありがたい事に一緒に働く社員がたくさん見てくれています。そのため嘘は書けませんし、自分の事を過大評価して書く事もできません。そんなダサい事するのであれば実社会に影響が出ます。
あくまも生々しくしく、自分の成長を可視化するしかありません。

これは空想の世界ではありません。あくまでもブログと実社会を繋がっている事が最低条件です。少し前であればSNSの存在すらあり得ません。特定の個人が自分のページを持ち、自分の生活を世界に発信する。これは現代では当たり前になりました。このブログも必ず当たり前になります。全国民が日記を描くレベルで書くようになると思います。

どんな履歴書よりも効果ある自分のカタログです。匿名で書いたり、恥ずかしがったりする事は無いと思っています。私は常に、こう思っています「そもそも自分の書くブログなんて誰も見ないだろ。笑」そう思って書くのが1番楽です。

コピーしない(引用は、最低限に抑える)

生々しさが、面白いブログには必要だと思っています。これだけ本が出版されています。匿名であれば、少しマイナーな本を買ってきて、コピーすればすごく良いブログを書く事が出来ます。しかし実名だとそれも出来ません。本当にブログを通じて実社会で興味を持って頂いた方達から、ブログの記事に書いている事を深く尋ねられる事もあります。コピーしていたらそれ以上の事は答える事が出来ません。

別に良い事書こうと思ってません。「応援したい」と思われるブログを書こうと思っています。そのため、当時の悩み、心境の変化などを隠す事なく書いています。このこちらが心を開くが営業にはとても大切だと思っています。これからの最強の営業マンは「切れ者」「口が上手い」「人気者」ではありません。これからの最強の営業マンは、 「みんがが、応援したくなる」営業マンです。

実際に私の元へ、メールで会社で、勉強会をして欲しいと、数件嬉しい依頼がありました。もちろん家具屋さんです。そんなご依頼を頂ける事は光栄ですし弊社の家具を月/昨年対比200%どこかの月でやってもらえば何時間でも説明会します。と答えております。じゃあ1番安く買った月にするね。とご冗談を頂いております。もちろん大丈夫です。100円仕入れの月に200円仕入れてもらえればすぐに行きます。もちろんボランティアではないので、交通費だけ別に頂きたいです。

文章で考えを伝える。これは、1番アウトプット難しい手段です。もちろん口頭で話した方が、ブログよりも分かりやすく、自分が書いた事のさらに奥深い所まで答える事が出来ると思っています。その為、コピーは、一切しない。これがブログの秘訣だと思います。もちろん誰かの話し、本を読んで書きたい事が出てくる事もあります。しかしそれはコピーじゃないだろう・・・・・・と都合よく解釈しております。笑

誰かを傷つける覚悟を持つ

サラリーマンが面白い記事を書く上で1番大切な事だと思っています。誤解しないでください。故意に人を傷つけるような文章を書くのは、ただのアホです。私が言いたいのは、この記事は、業界の人達に伝えたい。この記事は社員に伝えたいとメリハリをつける事が重要だと思います。毎回毎回、不特定多数の人の顔を想像して、記事を書こうモノなら、毎回当たり障り無い記事しか書けません。池上彰みたいになっちゃいます。

時には誰かを傷つけたとしても、伝えたい事を、伝えたい人に伝わるように書いた方が良いです。私のブログなんか記事によっては、業界の人から怒られそうだし、記事によっては、社内で問題になりそうだし、記事によっては、◯◯に怒られそうみたいな記事ばかりです。ブログを始めた当初北海道のお父さんから「色んな人おるから注意するんだよ」と優しい助言を頂きました。

まったく忠告を守れて無いのが、申し訳ないです。「思ったことは、すぐに言っちゃう・・・これはもう長所だと思ってください・・・お父さん・・・」しかし恵まれた事にまだ知っている人から嫌な言葉頂いておりません。本当に人に恵まれていると思っています。なによりも一緒に働く社員に恵まれています。分からない事、反論したい事はどんどんメール電話が来ます。本当にありがたいです。

会社にメリットのある方法を考える

これが、1番、何よりも、最高に、モーレツに、ミラクルに重要です。言っても私は、会社のお陰で生活させて頂いております。そのため自己満足で終わる訳には行きません。一つ前の記事で書きましたが、インナーの部分は目に見えません。いくら私が「ブログを始めたことで社内雰囲気が少し良くなりました」なんて事言ってもまったく意味ないと思っています。会社への貢献はあくまでも売上であるべきです。

サラリーマンが書くブログあるあるが、会社の不平不満を匿名で書いていたり、いずれ独立して成功するだの、自分探しだの・・・・「女子かっ」みたいなブログが多いです。今の環境・今の仕事・今の業界に貢献したいと思ってない人のブログなんて誰も面白いと思いませんよね。そんなに独立したければ、会社辞めれば良いし、そんなに不平不満言うのなら、会社辞めれば良いし、自分探しみたいな事言うのなら、チンコ切れば良いです。

あくまでも今の実社会に貢献できるような、カタログを作る事が何よりも重要です。私は弊社の商品を売る事が目的です。何が何でも売りたいです。どんな商品でも構いません。とにかく会社の商品を売りたいです。

会社にもメリットのある運用をして初めて、ブログ成功だと報告出来ると思っています。そこで業界の皆様にご相談です。私を買ってください。上記記載した通り、弊社の商品を(月/昨年対比200%で買ってください。)「家具の販売方法」「楽しく働く方法」「その他宿題」なんでもOKです。

お時間に可能な限り、頂いた課題に対して、全力で、家具店様のご協力をさせて頂きます。もちろん一枚板以外で大丈夫です。弊社の商品であれば、なんでもOKです。
どうか商品と噛ませて、私の考えも買ってください。本気でやり抜きます。何卒よろしくお願い致します。
注意点として、「販売応援」は避けさせて頂きます。理由は、準備、時期が重要です。物凄くタイミングが重要になりますので、ご遠慮させて頂ければと思います。

しかし必ず、継続して販売出来る仕組みを作るお手伝いをします。経営とか・数字とか自身がありません。情熱を売り込みたいです。これしか売れるモノがありませんが、ここは一つ先物買いだと思って何卒寛大なる心でご配慮ください。
家具に接客が必要な理由は=試着出来ない事が理由です。今後も家具販売には、大中小様々ですが、接客販売は必須だと思っています。大手量販店様が接客をしない中、また消費者が、ネットなどで接客を避けて家具を購入される今だからこそ、接客で売上を伸ばす事が可能だと思っています。

何も私にギャラを払う訳でもありません。ただ仕入れ割合を変更して頂き、弊社との取引を昨年対比200%にして頂ければ大丈夫です。どうせ仕入れをするので、あれば、私と一緒に購入してください。助手も付けます。2人分の交通費だけお願いいたします。何卒何卒、よろしくお願いいたします。注文は直接でも可能ですし、営業担当に伝えてもらえれば、スケジュール調整を必ずさせて頂きます。新しい営業方法ですが、これも業界発展のためと思って、冒険をしている私に仕事をください。よろしくお願い致します。

取引が無い方でも応援を受け付けます。私は、商品も自分も安売りしません。私がやるのは「値引き」だけです。笑
交通費+5万円=2時間を買ってください。利益は、そのまま会社に入れさえて頂きます。

まとめ

最後は、ガツガツの営業になってしまい申し訳ありません。笑
もちろんこんなカタログで注文が頂けるとは思ってません。私は初めて自分に「価値」をつけました。言ったもん勝ちです。一件でもご注文が取れれば、私は、時給25,000のサラリーマンになれます。笑

絶対金額上げてやると思っています。一枚板同様価値を上げる作業を開始します。注文のタイミングの価値はそのまま何年先までも継続します。あとから値段上がっても知りませんよ。笑
一度50,000で契約すれば、何年先もその価格で伺います。約束します。どんなに注文が増えても、優先順位は変えません。
はぁー・・・つくづく自分は、営業職が好きなんだと感じます。この部分だけ、ニヤニヤして書いてます。笑
もちろん上記記載した事は本気です。会社に決済もとってません。多分叱られます。ここは、実績でカバーしたいです。笑

ただ心の中で思ってます。こんな働き方・営業スタイルが今後増えるのでは??と本気で思っています。モノは、今後も溢れるでしょう。似たり寄ったりの商品が増えている中、営業で圧倒的に輝く事は、難しい時代です。そしてどんなモノを仕入れても販売店先様の抜本的な改善には程遠いと思っています。だからこそ、「最終人」だと思い出し、モノと人をセットで仕入れる時代が来るのではと思っています。

少し見切り発車感強いですが、日本中のサラリーマンがブログを書いてくれたらすごく経済効果あるあろうなーと勝手に想像を膨らませております。新しい営業スタイルになると思っています。これはマジです。そのためにも私が実績を作ります。必ず1人ぐらいには、伝わってくれると信じております。

日本中の働くサラリーマンが元気になれば、経済的にも精神的にも日本は強くなります。頑張りましょう。同じサラリーマン。
日本で唯一輸出できるのは、日本のサラリーマンだと思っています。ここまでまじめに働く人種は我々日本人だけです。

「自分の事は良いから・・・」と本気で思い、本気で行動出来るのも、日本のサラリーマンだけです。
サラリーマンのテンションを下げる本・報道など多いですね。笑
負けらたらいけません。何としても我々が最強だと証明しましょう。

経営者の皆様、何卒寛大なるお力添えを我々サラリーマンにお願い致します。
そして何よも弊社の商品を買ってください。よろしくお願いいたします。

補足・・・ブログを書く際に誤字脱字を怖がってチェツクに何時間もかける人達が多いそうです。意味ありますか??誰かに見てもらって指摘してもらえば良いです。

仕事も同様ですが、時には完成後80%でも世に送り出す必要がある時もあります。ブログは時に時間との戦いです。未完成でもどんどん出して行きましょう。今日の記事ぐらいであれば1時間程度で書けるようになりました。人間進化するのだと感じております。

1人でも多くの人がブログを初めてくれる事を祈っております。