メインビジュアル

コピー

強く、熱く、まっすぐに。
堂々として力強い“50”の数字とペガサス。
コーポレートカラーの黄金色が社長のイメージカラーである。
赤を混ぜて合わせみると、燃えさかる炎のようなカラーリングになりました。創業50周年の顔をなる、シンボルなマークの完成です。

関家具が歩んできたこれまでの50年も、このマークと同様です。
奇策などただの一つも無く、顧客満足・働く社員満足・地域社会貢献だけを信条に、シンプルに真っ直ぐに正直に、そして何よりも情熱を持って事業を続け丁寧に積み上げてきた50年です。

もちろん平坦な道ばかりでは無く、短かったと言えば嘘になります。しかし情熱はこれっぽっちも衰えてません。
それどころか、若く、燃やし続けてくれると信じております。

情熱の炎をさらに大きく、強く、燃やし続けてくれると信じています。

さぁ。またペガサスの翼とともの駆け出そう。
次の100周年に向かって・・・

作成者

弊社、広報課長である吉本の力作です。1番弊社を理解して、この50周年事業の意図を理解してくれている社員です。見事、可視化してくれました。もちろん社外からも数点応募を頂いたのですが、今回は、社内で出た作品を採用させて頂きました。ここまで見事に過去の関家具・未来の関家具を表現出来るモノはないと言う作品です。

解説

まずは見た目ですが、弊社らしい作品だと思います。無駄なテクニックが一切ありません。文章の中にもありますが、弊社には、奇策がありません。何か大ヒット商品が生まれたとか、何か、一大革命が起こったと言う訳ではありません。

コツコツと全社員が己の役割を理解して、協力してきたからこそ、今の50周年と言う関家具があるのだと思っています。もちろん私はまだ入社10年未満ですから、私の知らない苦悩も、大変な時期もあったかと思います。

しかし社長は一切、苦労話しをされません。苦労話しと言うよりも、過去の話は一切されません。これは、社長が故意に話されないと言う訳ではなく、社長には興味が無いのだと思っています。社長がご興味があるのは、常に未来、先のことです。

この社長の経営の姿勢が、一つの社風にもなっています。「昔は・・・・」とか、「以前だったら・・・・」みたいな会話が社内には、一切ありません。常に未来の事を社長・先輩たちは語ってくれます。これは、関家具の社風だと言っても過言ではありません。それと同時に関家具の強みになっていると思います。

会社内で、昔話しが多くなったら本来は、良くないのかもしれません。弊社は常に未来・常に若手の意見を吸収し続ける会社です。そんな社風のまま100周年まで全員で突っ走りたいと思います。

顧客満足・働く社員満足・地域社会への貢献。本来企業理念とは、これ以外に作りようが無いのかもしれません。

起業当時

関家具の歴史を学ぶ

この写真は、企業当時の写真だそうです。社長の1番最初の投資は「軽トラックです」1番最初の社員は「現副社長の奥様です」1番大切なモノは「ご家族」だそうです。社長が言う「家族」には、我々社員も入っているそうです。本当に有難いです。

そしてこの抱っこされている赤ちゃんが、現在関家具を牽引されている、関専務です。本当に時代を感じます。この3人のご家族が中心となって今もなお会社を牽引されています。50年変わらずに、です・・・すごいですね・・・我が会社ながら本当に感銘を受けます。

50周年事業を遂行していて思います。どうあがいても我々には、わからない歴史があるのだと言うことです。これは歴史全般言えることだと思いますが、歴史を100%理解することは不可能です。ただ学びたいと思うことは、必要だと思っています。

特に、火の玉のように働いた関家具には、昔の資料がとても少ないです。これは社長の「後ろをふ振り向くな」精神があるからだと思います。少ない材料の中で歴史を学ぶ方法は「知っている人から直接聞く」これしかありません。いかなる小さな情報でも聞こうと思っています。

働く人間が最終欲しくなるのは、歴史

また先日、ある人からこのような話しを聞きました。「人間最後に欲しくなるのは歴史、そして人間が1番手に入れられない物も歴史」そのように伺いました。

本当にその通りだと感銘を受けました。その方はベンチャー企業で大成功なさったが、心の幸福を手に入れる事が出来ずに、会社を売却して、歴史ある日本の企業に就職されています。

当時は、友人達から猛反対を受けたそうです。「何で今更そんな時代遅れの会社に入るのか??」と猛反対を受けたそうでうす。それでもこの方は、歴史ある会社へ就職して、その歴史を繋げる仕事を選ばれたそうです。

「男の子が働くを追求して、最後に辿り着くのは、歴史」うーん・・・名言だと思います。感動しました。そしてそれと同時に歴史ある会社で働ける事が、どれだけ幸福なのか理解しました。これは当たり前じゃないとことを思いだしました。

企業の50年生存率◯◯%

会社なんで3年もすればほとんどの会社が無くなります。30年で寿命だと色々な経済学者の人が唱えてあります。日本で50年を超える企業の割合は、諸説ありますが、一説には0.02%だそうです。1万社企業しても、2社しか残らないと言うことです。

凄くないですか??本当に凄いと思います。そして更に50年企業を調べると、大きな革命が起きて、生き残っているパターンが多いです。私が言う革命とは業界チェンジです。もともとは、電気会社だったが、医薬品会社になった。みたいなジョブチェンジです。

ジョブチェンジ無しで、創業50周年

50年残っている企業もほとんどが、ジョブチェンジをして生存している場合が多いです。そんな中、弊社はどうでしょうか??

50年間日本の大川市で、家具と言う業態から一切ブレずに、会社は発展してきました。さらには一期も赤字なしです。言い換えれば毎年納税の義務を果たして来たと言うことになります。これほど胸を張り、誇れる企業はありません。本当に感謝しております。本社の所在地も大川市から一切変更無しです。本当に素晴らしい会社で働いているんだと、改めて自覚しました。

しかし、それと同時に責任は甚大です。なんとしてもこの歴史を繋ぎ、100周年さえも通過点だと思える、強固な精神力が必要だと考えます。この精神力は社長はあります。我々1人でも多くの社員にこの精神力が必要だと考えますいつの日か会社を存続させる為に。更に成長する為にジョブチェンジする必要が出てくるかもしれません。そんな時、ジョブチェンジ成功で大切なモノは「人」だと思っています。

それを考えると、弊社の将来は明るいです。ジョブチェンジする必要があるのか、どうか分かりません。今後社会がどのような変化をするのかは、誰にも分かりません。そんな“どんな時代になるか分からない”からこそ、人材が今後も重要になってくると思います。

未来の人材

弊社には、素晴らしい若手がたくさんいます。

素晴らしい過去(業績)+間違いない未来(人材)=歴史だと思います。弊社の未来は、特に強いです。今回はこの2名が写真に乗っていますが、本当は、全社員500人分の枚写真を作りたいです。いや作るべきだと思うぐらい、みんな素敵です。

私がここまで言うと嘘くさいですが、本当です。みんなの年齢の時に、ここまで働くことに一緒懸命なれただろうか・・・・とつくづく考えます。いい意味で私も、中間クラスの年齢になって来ました。どんどん追い越されてますが、まだまだ簡単には追いつけない先輩でいたいなと思っています。

簡単に追いつけない先輩社員・すぐに追いつこうとする後輩たち・・・・これが関家具です。

いよいとイベントが目白押しとなります。必ず50周年事業成功させたいと思います。そして100周年に向けた、加速装置になるように頑張ります。