働くの意味→仕事をする。労働をする。機能する。活動する。

働く語源は→【はためく】と同様に【はた】という擬態語の動詞化との事、
本来は止まっていたものが急に動くことを表し、そこから体を動かす意味となったそうです
労働の意味でもちいられるのは鎌倉時代からで、この意味をあらわすために【人】と【動】を合わせて【働】と言う漢字が作られたそうです

現代の働き方のコツ

働く→【傍】を【楽】にする事が重要
あくまでも言葉遊びですが、重要です。先人に感謝しましょう。
あなたが働く事でどれだけの人が【楽】になっているかを常に念頭に置く事
お客様、上司、部下、家族、友人、誰でも構わないので【楽】にしたい対象を明確にする。

自己満足の働き方

自分の給料、私利私欲の事だけを考えてる人は働いてないって事ですね~
古来から所帯を持つ事が、重要視されてるのは、そう言うことです。

昔は働く為に所帯を持つと言う言葉がありました。
今では働いて、成功したあとに所帯を持つ。と言う考えの人が多いと思います。
私は、本末転倒だと思います。。楽にしたい対象を多く持つ事が楽しく働く一番の近道。

成功して所帯を持つと唱える人は、一件優しいように感じます。
しっかりしてると。家族思いだと。
私は、単なるナルシストだと思います。

言い換えればまずは自分が楽になって。自由になって家族を持つと言う事です。
家族と共に、成長しようと考えておりません。
また今よりも家族の支えで、頑張ろうと言う気持ちさえ感じれません。

またそう言う人は資本主義の”闇”へ落ちているような気さえします・・・
話しを戻します。笑

社内で評価の高い人、低い人

「出世をする人は働き、出世しない人は仕事をする」

社内においてはここの意識が、特に重要だと思ってます。
今何をやるべきか・・・これは立場、ポジションで必ず変わります。

ここが原因で、社内でトラブルが起こる事もあるでしょう。

但し、必ず働いている物同士であれば和解する事は可能です。
※傍を楽にしている社員同士
自分のポジション、給料、自分を楽にしたい人は、去ってもらった方が良いと思います。

出世も同様です。働いている人は、部下からも上司からも信頼をおかれます。
※傍を楽にしている人(しつこいですが笑)

何よりも働いている人は楽しいです。それは、自分がやっている事でだれが「楽」になっているのか分かっているからです。働く対象が明確だと言う事です。

ここは現代で、一番社員が欲している(承認欲求)にもつながると思います
いったい自分は何のために・・・って思わないって事ですね

とにかく社内での信頼を勝ち取る事が、出世を考えても何よりも大切です。
信頼を勝ち取る方法は、昔みたいに力でねじ伏せたりするのは時代遅れです
今はその方法は通用しません。

圧力主義者、は今後淘汰されると思います。
※厳しい人と圧力主義者は違います。問題は「愛」があるのか??です。

真剣に上司、部下と向き合い、真剣に大好きになる事です
私は現在100名程のスタッフと働いていますが、本当に大好きです

この人達の為に、何としてもビジネスを成功させると心に決めております。
他の人を守る為に、一人を除外する・・・これも必要だと考えます。

心無い人からは「キレイごと」と言われるかもしれませんが、
人を好きになる事も立派なスキルです。誰にも負けない私の武器です。

もちろん嫌いな人も社外にはたくさんいますよ。笑
また、今は昔と違って景気が良くありません。小手先出世は通用しません。

無能は上司がポジションに長くいれる程、世の中景気が良くありません。

必ず、人を大切にしない人は後退します!!人を見れない人は後退します!!
人の良い所が見えない人は、後退します!!人の悪い所ばかり見つける人は後退します!!

働かない人は、必ず一度出世しても降格となります。
※傍を楽にしている人。最後です笑

それほど現代はシビアです。
情報が溢れています。消費者からの要望が更にエスカレートすると思います。
チームが一段とならないと提供出来ないサービスだけが生き残ると、信じております。

チームワークがある・・・これはお客様に届いてから始めて分かる事です。
売上が上がる会社は、如何なる理由があろうとチームワークがあると私は思ってます。

逆に、如何なる状況であろうと、倒産したら、チームワークが無かったと言う事です。

良い時代へ突入しました。
実力ある企業は伸びて、小手先企業は淘汰されます。

実力がある人、働く人にとっては大変良い時代のなってきているとも言えます。
本当に会社が一致団結して、社会へサービスをすれば受け入れてもらえます。

昔みたいに金がある会社が、無駄に宣伝広告をして会社を大きくしても一時的な物です。
今後は、会社が一致団結して社会の「価値」を上げて行く事が一番重要です。

小手先企業は、淘汰されます。
継続して企業を伸ばして行く為にも、全社員が「働く」※傍を楽にする事
事に対して考える必要があると思います。
そして上司から部下へ伝える必要だあると思います。

社会に貢献する企業でも、社員が楽になってなかったら、意味がありません継続しないと言う事も言えます。

誰かが社員の為に、汚れ仕事をする必要もあります。
周りで嫌な仕事をしている人いませんか??その人が一番働いていませんか??
私はそう思います。

私は極論思いました。
「私は社員の為に・・・お客様の事はお任せしようと」
私の働く対象は、お客様はもちろんですが、社員の為の割合を上げるべきでは??と。

とは言ってもお客様からの信頼を勝ち取らないと、出す給料も無いのが現実です。
私は徹底してお客様、社員の為に精進します。

本気で自己犠牲出来る強い精神力を持ちたいと思いました。
100人にミスがあったら全て私のせいだと本気で思ってます。

最後に

あたたが今日働く事で、誰が楽になってますか??
あなたのサービスで世の中の人になにを届けてますか??
また最近いつ?人から「ありがとう」と感謝されましたか??