大川市、三代目モクメンへの道

秋の木工祭りが終わりました。
台風の影響で、一時はどうなるかと思いましたが、終わってしまえばなんて事ありませんでした。そんな木工祭りのイベントの中で、「モクメン」が開催されました。ミスコンかぐや姫のメンズ版です。今回で3年目となります。是非3代目を弊社で奪取しようと計画しました。
そこで、アトリエ木馬から龍颯太郎くんが、エントリーする事になりました。今日は、そんな龍くんの「モクメン」への道を記載します。

関家具からかぐや姫と合わせて3名の社員が、エントリーしてくれました。本当にありがとうございます。人の前に立つ事は誰でも緊張しますし、いやなモノだと思います。快くOKしてくれた3人は、今後大きく成長するでしょう。

手を上げない人が、正義みたいな風潮が今の日本にはありますが、私はリスクを背負って何事も手を上げてくれる人を応援したいと思います。出る杭は打たれますが、出すぎた杭は打たれません。

全社員が出すぎた杭になれるステキな会社にしたいですね。杭が出すぎたサラリーマン程恐ろしいモノは無いと、証明してみせます。

モクメン応募期間

この話を頂いた時に真っ先に、頭に浮かんだのが龍くんです。間違いなく彼は大川の家具業界・・・いや大川1イケメンです。イケメンとは、内面と見た目両方を兼ね備えておく必要があります。彼は正に適任でした。彼にエントリーしないか??と打診したところ快くOKしてくれました。実は彼・・・4年間も彼女が居ません。笑
散々みんなから「イケメンの無駄使い」と罵られていたので、奮起する決心をしてくれたのだと思います。

龍颯太郎

氏名:龍颯太郎(リュウ ソウタロウ)
年齢:24歳
未婚:彼女無し
趣味:野球
尊敬する人:関文彦
特技:テニス
趣味:仕事

高校時代に重量挙げで福岡で2位になった実績を持つ。
東京の専門学校を卒業後関家具へ入社、その後木馬事業部へと配属される。
木馬事業部の中では、材料の手配から木工、営業までを担う。
専門はコントラクト案件で主任を兼務。

本番当日

私は、彼の推薦者として壇上で彼のPRをすることになりました。私がPRした部分は、こうです。
実は、彼が木馬に来た時、私は、彼にこう、言いました。「お前木工以外が良く無いか??とうきょうに行ってそのルックスを使ってご飯食べつ方法を模索しよう」そう言いました。

「なんなら、一緒にモデル事務所でもなんでも、応募してみよう」とまで言いました。しかし彼は、絶対関家具・大川で働きたいのだと言います。なぜなら、じいちゃん、ばあちゃんが2人で暮らしていて、大川を離れられない事。そして、社長のスピーチに感銘を受けて関家具で働き続けたいんだと懇願されました。

私は感動しました。見た目だけでも本当にナイスな彼です。都会的なカッコ良さがあります。彼の見た目のカッコ良さは、都会的です。いい意味で大川っぽくないです。

内面的にも申し分ないです。誰からも好かれます。ほとんどの人間は、賛否両論ありますが、彼には賛否両論がまったくありません。誰からも好かれます。そんな個性があるスタッフが木馬に3人います。そんな内面を持つ彼のことを羨ましく思っています。どうしたらそんなに人にすかれるのか・・・笑羨ましい限りです。

また文武両道の彼は、スポーツも万能だと伝えました。会社のみんなとテニスをしたり、みんなで野球をしたり楽しく過ごしています。誰よりも食事に誘われる回数が多いにも彼です。本当に木馬の顔役として頑張ってくれています。そんな彼に、是非1票を入れて欲しいとアピールさせて頂きました。

龍くんのPR

「自分は喋るのが苦手なので・・・鉋(カンナ)掛けします。・・・」そう言って作業の準備を始めました。昔からいい男は、不器用です。私みたいなお喋りは偽物だと確信しました。笑

ここで、一発目の龍くんスマイルが登場します。「えっもうやっていいですか??」の顔です。

そしてこれが、2発目の龍くんスマイルです。「えっ終わりましたけど・・・」の顔です。最後にはきちんと大川の事、会社の事、今後大川のために頑張りたいと彼が発言していました。最初に喋るの苦手だと付箋を打ってからの最後の饒舌・・・さすが龍くんだと思いました。

いよいよ結果発表

見事大川市三代目モクメンに選ばれた龍くん。※写真右手が、我らが倉重市長です。見てください。龍くんの顔・・・もうスターの表情しています。笑

そしてなぜかセンターにいると言う謎のポジショニングです。笑

新しく38台目かぐや姫に選ばれた2人との記念撮影。今後3人で大川をPRしてくれると思います。手に持っているトロフィーも大川で作られたそうです。大変素敵でした。

早速取材を受ける龍くん・・・スターですね。笑
やっと「イケメンの無駄使い」を卒業した龍くんの今後を皆さまも応援お願いいたします。

最後に

この写真が出回って、私が、モクメンにエントリーしていたと言う、風評被害に悩まされています。笑

私は、出ていません。あくまでも、私は龍くんの推薦者として壇上に上げて頂き、龍くんのPRをさせて頂きました。そこの所、何卒宜しくお願い致します。笑

私が、モクメン出て、落ちて、やけくそで、龍くんを応援している訳ではありません。笑

2年前には、かぐや姫を頑張ってくれた社員もおります。

彼女も本当に頑張ってくれました。次にモクメンとして龍くんが頑張ってくれます。

本当に個性豊かな社員が多いです。全員が、自分にしか出来ない仕事を見つけて、その仕事を優先させて欲しいと思います。それが全社員が目立つ方法だと思っています。モクメンでもかぐや姫でもなんでも良いです。全社員が輝く事を期待しております。

以前記事にも書いたように、会社内で複業をしましょう。2足でも3足でもワラジは履けるだけ履いてください。それが楽しく働くコツです。龍くんは、新しいワラジを履いてくれました。それも彼にしか履けないワラジです。何足もワラジを履くと、本業に支障が出ると言う人がいます。いえいえ、まったくの逆です。本業にも力が入る事、間違いなしです。

なぜなら、大川を背負う事で、龍くんの視点も上がるでしょう。その視点で社内を見て頂き、更に伸ばして欲しいと思います。全社員が何足もワラジを履いて、全社員が、自分にしかできない仕事をやる。属人化・・・まったく悪い事では、ありません。全員属人化して良いと思っています。

マニュアルで伝えれる程度の仕事では、ダメです。自分にしかできない仕事を見つけてください。自分が居なくなったら、引き継げない仕事を見つけてください。龍くんの仕事・2年前の小西さんの仕事はは、どんなマニュアルを作っても引き継ぐ事不可能です。

業務の属人化には、私も反対ですが、影響力・存在の属人化はまったく問題ありません。逆にやれる人は、やった方が良いです。そんなに簡単な事ではありませんので。自分にしかできないテリトリーを持つ事は、営業としても大切な事です。存在・影響力の属人化をめざしましょう。そして全員が個性豊かに輝いてくれるでしょう。この属人化を正当化する事が楽しく働く秘訣だと思っています。

やるならやりましょう。やらないのであればやならい。はっきりしましょう。