「クラフトマンズデイ」まとめ記事 2018,11,01

2018,11,02~2018,11,04「クラフトマンズデイ開催」

いよいよ11月2日・3日・4日開催します。
皆様、是非大川までお越しください。
これまでブログを通じて、初の大川市の企画を、少しでも皆様に可視化したいと頑張ってきました。その為、このブログを通じて半年で7つの記事を書いて来ました。この企画において私に任命されたのは、「営業」です。そんな私として、少しでも使命を全う出来ればと思い頑張って来ました。
そんな企画もいよいよ、明日から本番です。楽しみありますが、もちろん不安もあります。

実は、「クラフトマンズデイ」にとって明日はゴールでは無く、スタートです。
そんな企画スタート前夜に一度記事をまとめて、最高のスタートを切れるように頑張ります。

クラフトマンズデイのこれまで・・・

今日はそんな「クラフトマンズデイ」の記事をまとめております。
少しでも多くの人に、更に興味を持って頂ければと思います。
来社される方も来社されない方も、少しでも見て頂ければと思います。

クラフトマンズデイ記事まとめ

  1. 「クラフトマンズデイ」とは??
  2. 「クラフトマンズデイ」が大川に与える影響
  3. 「クラフトマンズデイ」の現状と課題
  4. 「クラフトマンズデイ」国内へのPR開始
  5. 「クラフトマンズデイ」海外へのPRを開始
  6. 「クラフトマンズデイ」オリジナル商品完成・・・
  7. 「クラフトマンズデイ」疑似体験
  8. 「クラフトマンズデイ」まとめ記事

⑴「クラフトマンズデイ」とは??

企画に参加した当時に書いた記事です。私自身まだ企画の事を理解していません。

⑵「クラフトマンズデイ」が大川に与える影響

企画に参加するようになり、大川市の現状・問題点まで見えてくるようになりました。
この時点で私なりに、目標を設定した時期となります。

⑶「クラフトマンズデイ」の現状と課題

総合プロデューサーの紫牟田氏との面談などを通じて、可能性を確かなものと考え始めました。
大川だけの話では無い・・・そう思いました。どこの産地も同じ悩みを抱えているんだと理解した時期です。
地方創生の難しさと、理想と現実の間で一番つらかった時期かもしれません。

⑷「クラフトマンズデイ」国内へのPR開始

やっと国内へのPRを本格的に開始しました。東京の白金「八芳園」にて大々的にオープニングを切りました。
全て明日からのイベントの為です。

⑸「クラフトマンズデイ」海外へのPR開始

「クラフトマンズデイ」の大義の中に海外へのPRも含まれています。
今後産地・モノ作りを支える為には、日本のマーケットだけでは、現実厳しい所があります。
マーケット拡大を視野に入れて、海外へのPRを開始しました。メイドインジャパン復活です。モノ作り大国日本復活させます。

➅「クラフトマンズデイ」オリジナル商品完成

企画の顔をなるのは、大川であるからには「家具」であるべきです。
一期のキーワードは「組子と家具の融合」です。色々な技術者・知識者のご協力のもと素敵な商品が完成しました。
明日、お披露目出来る事が嬉しくてたまりません。

⑺「クラフトマンズデイ」疑似体験

総合的にどんなイベントなのか??と言う疑問に答えました。
受付から始まり、夜のダイニングまで・・・参考に読んで頂ければと思います。
このイベントが、素敵な家具との出合いのきっかけになれば良いと思います。

まとめ

明日スタートです。いよいよ「クラフトマンズデイ」本格始動です。
今後もこの「クラフトマンズデイ」の成長を日々、ブログを通じて記録に残して行きたいと思っています。
まだまだ、生まれたてのコンテンツですが、今後世界に羽ばたくコンテンツになってくれると信じております。

まずは、最高のスタートを切れるように、本日、最後の準備を頑張ります。
本番の雰囲気は、また後日このブログを通じて発信出来ればと思っています。
是非「クラフトマンズデイ」「大川」遊びに来てください。

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。
関家具大川本店では、「クラフトマンズデイ」合同フェアを開始します。いつもより家具がお安く購入出来ます。
重ねて皆様のご来店お待ちしております。

※木馬第一工場では、ワークショップも開催しております。