仕掛学

面白い本があると、社長に聞いたので早速読んでみました。

仕掛学:松村真宏

率直の感想を述べると、色々な考え方があるんだなーと思い、面白かったと言う事です。
そして何事も理論的に、追求すればそれなりに学術になるのだと認識しました。

そもそも「仕掛学」とは??

一言で言えば、人の行動を誘導する仕掛けと言っていいと思います。もちろん本の中では更に奥深い部分まで記載されています。
松村先生曰く、良い仕掛けと悪い仕掛けがあると言う事です。

仕掛けを定義する3つの要件

そして「仕掛け」を定義する条件が3つあると言う事です。

  1. 公平性(誰も不利益を被らない)
  2. 誘引性(行動が誘われる)
  3. 目的の二重性(仕掛ける側と仕掛けられる側の目的が異なる)

となっております。

整理整頓

一番分かりやすい例は「整理整頓」の部分でした。整理整頓をした方が良い事は、誰も理解しています。しかし全員が整理整頓出来る訳ではありません。知っている事と、出来る事が違う事に似ていると思います。筋トレ・スポーツをすれば健康に良いとみんな知っています。しかしみんなが継続して出来る訳ではありません。

整理整頓に話を戻します。

では整理整頓が出来る仕掛けの例を添付します。
まずはファイルとドラゴンボールの本の画像を添付します。

ファイルとドラゴンボール。

上の図はファイルの側面に斜め線を入れる事によって、ファイルを自発的に整理整頓する「仕掛け」を施してあります。
下の図は有名は「ドラゴンボール」です。私も経験ありますが、このように全て並んでいると、一巻でも無くなったり、違う場所にあると気持ちが悪く感じます。自然と整理整頓出来るようになります。これが本で記載されている「仕掛け」だと言う事です。

その他にも、日常の中で「仕掛け」はたくさんあります。
例えばトイレ。

トイレの的

男性は見覚えあると思います。便器の貼り付けている「的」です。これがあると、ついつい的を狙ってしまいます。そして尿が飛散する事をよくしする効果があると言う訳です。

ここまで説明してご理解頂いたように、「仕掛け」をする側も、「仕掛け」をされる側にも不利益は、全くありません。そして何よりも双方の目的が違います。これが「仕掛け」の定義だと言う事です。
少しはご理解頂けたと思います。

仕掛けは行動の選択肢を増やすもの

他にもたくさん日常の中には「仕掛け」は至る所にあります。

エレベーターのエントランスにある鏡。これも仕掛けです。鏡に写った自分の髪型や、服装をチェックしてしまう仕掛けです。エレベーターの待ち時間を少しでも楽にする目的があります。

「仕掛け」の効果は、いずれ薄れる

ただ「仕掛け」は、いずれ「飽きられる」事を想定しておく事が必要です。更には、仕掛けのインパクトが大きい方が「飽きる」時間が早く、逆にインパクトが少ない「仕掛け」は飽きる事が無いと言う事です。確かにエレベーターの鏡。これはインパクト少ない仕掛けです。その為、エレベーターの鏡を見る事を「飽きる」とはならないですね。

逆に商売で言う所のPOPや、ディスプレイも来店を促す為の仕掛けだと言えます。何ヶ月も同じ仕掛けをしていても、効果は薄れ、お客様に「飽きられる」と言う事が言えると思います。
有名な小売店ほど、ディスプレイの変更が多いです。逆に衰退しているお店のディスプレイは変わりません。

毎週お店のディスプレイを変えようと言っても、なんとなく続きません。
毎週お客様に対する「仕掛け」を変えようと思えば、なんとなく楽しく感じます。そしてどんな「仕掛け」をやろうかと、自発的な考えを持つ事が可能です。

商品陳列も同じ事です。必ずお店には売りたい商品があります。その商品を出来るだけお客様の目に届く場所に置きます。しかし売れないのに、売りたいからと言って同じ場所に展示していては「仕掛け」の効果は無くなると言う事です。

その「仕掛け」はお店本位であれば、続きません。あくまでもお客様にとって本当に有益になる商品・心からオススメしたい商品を目の届きやすい場所に展示しましょう。冒頭に書いたように、双方に不利益があっては「仕掛け」になりません。

阪急百貨店梅田店

本の中で阪急梅田店のPOPが、例に出ていました。
特に有名なんだと思います。まずは下記画像です。POPの前にお立ち台を置いています。
理由は簡単ですね。写真撮影を促す「仕掛け」です。SNSなどで拡散していただく事が狙いだと思います。

下記画像も同じく、阪急百貨店うめだ本店の大通りのディスプレイです。
鏡に笑顔を向ければ、それに反応して桜がさくようになっている。参加する人もそれを見てい人も笑顔になると言う仕掛けです。

仕掛けの原理

最終的にどんな行動を人にして欲しいのか考える事が必要です。そしてどんな優秀な「仕掛け」も継続的に効果を発揮する事は困難です。常に新しい「仕掛け」を考案する必要があります。
本の中では、新しい「仕掛け」を生む方程式と考え方も記載されています。興味ある方は是非本を買ってみてください。

本には書いてませんでしたが、以前テレビで見た「仕掛け」がとても優秀でした。
テレビでは、違法駐輪が原因で、駅が困惑していると言う内容でした。駐車禁止の張り紙を貼ったり、時間を決めて見回りをしたりしましたが、一向に解決しませんでした。

しかし、ある張り紙を貼った所、翌日以降そこに違法に自転車を止める人はいなくなったそうです。
特に難しい言葉などは記載されていません。とある一言のみです・・・・。
分かりますか??答えを書きます。下に書きます。考えたい人はここで目を逸らしてください。笑

では答えを言います。それは、「自転車捨て場」と張り紙を貼ったそうです。

あなたが自転車を止めた場所は、自転車を捨てる場所である事、誤って捨てられても文句も言えない状況です。何て素敵な「仕掛け」なんだと思います。もちろん当時は、アイデアすごいな・・・と思って見ていました。しかし「仕掛け学」を読んで、あれも優秀な「仕掛け」だったんだと理解ました。

何事も学問として、理屈的に考える事嫌いではありません。
今後、「仕掛け学」ちょっとしたブームになる単語だと思います。そして更に本も登場すると思います。考え方の切り口としてとても面白く、頭の柔軟体操には持ってこいの考え方です。

そして日常至る所に、「仕掛け」は混在しています。そして我々も知らぬ内に「仕掛け」をしています。効果がある「仕掛け」が出来ているのか??良く考え直しましょう。そして無駄な「仕掛け」効果が無くなった「仕掛け」がないか確認してみましょう。