社員の放火

8日午後9時半ごろ。埼玉県加須市新利根1丁目の寝具大手、西川リビング産業(東京)の物流倉庫が、火災になりました。
16時間以上炎上して、2万平方メートルを全焼したとの事です・・・

もちろん同じ家具、インテリア業界の火災と言う事で衝撃でした。
それ以上に衝撃だったのは、犯人が21歳のバイトだと言う事・・・

自己責任能力の強化

私はよく、「自己責任能力」と言う言葉を使います。
これには、2つの意味があります。

①起こった、全ての出来事を自分の責任だと思う事。
②自分で責任取れない事は、してはならないと言う事。

上記言葉を読めば、意味は分かると思います。
今回は、もう少し深堀します。

①何事も自分の責任だと思った方が、楽になると言う事。

①に関しては、何事も身の回りで起こった出来事は、自分の責任だと
思った方が、楽になります。人生に責任感が出ます。

よく、悪い事が起こると、周りのせいにする人がいます。
と言うよりも今の日本は、その発想の人が多すぎます。

会社においても同様だと思います。
上司だろうと、部下だろうと、何か悪い事が起きたら全て自分のせいです。
全員がその精神で働くチームは、間違いなく強いチームになると思います。

また、悪い事が起こらないように”最悪の状況”を常に頭に入れ行動する事ができます。
全て自分のせいなので、起こらないように最善を尽くすと言う事です。
これが”危機管理能力”の基本だと思います。

私は”危機管理能力”の高い人=自己責任器量が高い人だと思います。
全ての出来事を自分のせいだと思った方が、働く事も楽しくなります。
”因果応報”です。自分に起きた出来事は全て自分の運命です。

今回のニュースでさえ、私にも多少責任あると思います。
なぜなら、大前提に同じ業界です。
もっと早くこのようなブログを書いて、働く楽しさを伝えれる機会を設けてたら・・・

”伝える人”の輪が広がり、届いた可能性も十分にあります。
または、西川リビングさんの商品を販売強化して、
倉庫見学、会う事も可能だったと思います。※もちろん取引先様です。

全て、”たら” ”れば” の意味ない発言だとは理解してます。
ただ同じ業界で悲しい出来事が起きたら、多少なりと心が痛みます。
だって同じ業界の悲しいニュースです。
我々に少しも、責任が無いと言える人がいますか??

私は家庭においても①の理論は、必要だと思います。。
結婚相手が、人を殺そうと・・・借金を背負おうと・・・
自分の子供が、人を殺そうと・・・他人に迷惑をかけようと・・・

私の責任だと思ってます。
会社も同様です。倒産しようと・・・売上低迷で首を切られようと・・・
部下がミスをしようと・・・如何なる理由で人が辞めようと・・・
間違いなく私の責任です。

1人でも多く、同じ気持ちで、楽しく働いてくれる人が増える事を期待します。

話を冒頭のニュースに戻します。
今回の件で一番悪い事、そして最近の事件で多いのが②です。

②自分で責任取れない事は、してはならないと言う事。

これが一番大切です。基本です。道徳、哲学以前の問題です。
倫理観の問題だと思います。
自分でやった事は、責任を取る必要があります。

今回の件・・・損害額は知りませんが、一生かかっても無理だと思います。
親、兄弟、親戚を巻き込んでも厳しいと思います。

間違わないで欲しいのが、責任が取れない理由が、
何も”金”だけの事を言っている訳ではありません。

今回の件、いったいどうやって責任を取れますか??
ケガ人が居ないだけが、不幸中の幸いかもしれませんが・・・

そして一番襲撃を受けた理由は動機です。動機は「ストレス発散」です。
どこに自分で責任取れない、ストレス発散をしていい理屈があるのか?
論外です。死刑でも良いと思います。

このような事件が本当に多いです。
”人を殺める”も同じです。人を殺めてどこに責任を取れる方法があるのか??
極論ですが、殺人者が人を”蘇らせれる魔法”を使えれば人を殺しても良いと思います。
責任が取れるのですから。

今後医療、テクノロジーが発展して「クローン」「蘇り」なる物が、
可能となれば”人を殺める”と言う好意の論点は大きく変わると思います。
極論が変われば、論点は変わります。

人を殺めたらいけない理由・・・これの極論は、人間が絶滅するからだと思います。
そこが変われば議論の内容も変わると思います。
話を戻します。笑

会社にも同様の理屈が言えます。
会社のルール、に違反した場合は責任を取る必要があります。しかし、自分で責任を取れない事は基本、しては行けないと言う事です。

始末書と言う仕組み

日本の会社には”始末書”と言う仕組みがあります。
これの仕組みは、役職+けじめで成り立ってます。

役職が上がれば、上がる程、責任を取れる”幅”は広がります。
”この人”が始末書を出した。と言うプロセスがとても大事です。
一人でダメなら、2人、3人と出す人を増やすしかありません。

始末書は経営者、上場企業であれば株主等々へ、許しを請う事が目的です。
逆に言えば、責任を取れる範囲はであれば、大いに先走って良いと言えます。
その為にも社内営業をかかさないようにして、”いざ”の時に備えるのです。

あなたが始末書出してくれたなら、堪える。

この言葉を”許しを請う”対象の人へ、思って頂く事が必要です。
その為に、日ごろから売上にて貢献、その他活動にて貢献。
人間力を高めて、コミュニケーションを欠かさない事が必要です。

社内営業の目的は、
自分で責任を負える範囲を広げる事です。
部下を”いざ”の時守れる権威を持つことです。

これもリーダーシップの大切な働きです。
部下を持つ人間の、義務でもあると思います。

もっと言うと、社内営業をゴマすり、と捉える人は基本的に”自己責任能力”の無い人だと思います。

今回の事件の犯人・・・彼を見てください。

こんな子供がどうするんですか??
こんな、どこにでもいるような人間がこれですよ。
本当に日本男児のレベルの低迷に嘆きます。
調べてないので、在日云々は分からなくとも、我々の仲間です。

同じ仲間の上位には、スケートの羽生さんとか、将棋の藤井さんなど、
すげー若手起業家とか、色々います。
しかし底辺は底辺で、知る必要があります。

彼も同じ日本男児です。仲間として我々にも責任はあります。
働く意味さえ知らない人材が、現に存在していると言う事です。

30代以上の人間が、働く事を楽しい事と説いてない事が原因です。
みんなで愚痴ばっか言ってるからです。

このままでは本当に”日本男児”は死語になると思います。
我々の発信、発言、行動の一つ、一つ、が若者に伝わる世の中です。

これは、言うまでも無くSNSなどの発信です。
今の若者は、ネットを持ち歩く事が常識の年代です。
調べようとおもえば、何でも調べれます。

サラリーマン、勤め人、バイト、日雇い、
色々と、労働にもカテゴリーがあります。

私の働くカテゴリーはサラリーマンです。
だったらサラリーマンになりたい人を増やすまでです。
”すっごい楽しいぞ”って色々なとこで言いまくります。笑

サラリーマン金太郎・・・あれこそ世に広めるべきです。笑
教科書にしても良いと思います。
景気良くなると思いますよ。だって人口の40%がサラリーマンですから。

起業を進めるセミナー、本、これも一理あります。認めます。
サラリーマン以外の人が、サラリーマンを悪く言う事はまったく悪くありません。
理解しようと努力します。

私が言いたいのは、起業する勇気もない奴が、
サラリーマンを悪く言うな。です。

今、自分がサラリーマンならサラリーマンを悪く言うな。
今、自分の会社にいるなら、今の会社を悪く言うな。

自分が家具業界にいるのなら、家具業界を悪く言うな。
自分が男なら、男を悪く言うな。

それが”自己責任能力”のスタートだと思います。
口だけの人間、口だけのやつの助言、関係ない人の提案、
こんなの・・・私からすれば、無視です。

私は、同じ業界に居ながら、業界を悪く言う人。
会社に居ながら、会社を悪く言う人とは仕事しません。
そんな考えの人と仕事をしても成功するとは思えないので。

極論です。

やる事やってから言え!!
これは男の美学の基本だと思います。

今回のような事件が私の会社で起こる可能性は十分にあります。
どんな優秀なセキリュティー会社も、防げない最悪の事故です。
防げるのは、同じ会社一人一人の発言、行動、発信だと思います。

そして、もし悲劇が起こったなら全員が、
「私に責任がある」と言える集団でありたいと思います。