日本国記 百田尚樹

序にかえて

日本ほど素晴らしい歴史を持っている国はありません。
もちろん世界中の国々の人々が自分の国について同じように思っていることでしょう。
それでも敢えて、日本ほど素晴らしい歴史を持っている国はないと、私は断言します。

神話とともに成立し、以来二千年近く、一つの国が続いた例は世界中のどこにもありません。
これ自体が奇跡ともいえるほどです。

北太平洋の西に浮かぶ日本列島は豊かな自然に恵まれていますが、一方で、世界有数の地震国でもある、台風や河川の氾濫など、人々は常に厳しい自然災害に見舞われてきました。だからこそ人々は互いを助け合い、仲睦まじく暮らしてきました。同時にどれほどの痛手を受けても立ち直るという力強さを培いました。

幕末から明治にかけて、日本を訪れた欧米人の人たちは一様に、日本人の誠実さ、善良さ、勤勉さに驚いています。
これは近世に限ったことではありません。千七百年以上も前に書かれた「魏志」「魏人伝」においても、日本人は盗みをしない、争いをしないと記述されています。

私たちの先祖がそうした優しい人たちであったことを、心から嬉しく思います。
1800年代の終わり、私たちの国は欧米強烈によって鎖国の扉をこじ開けられ、強引に世界の舞台に引きずり出されました。
当時の世界は欧米列強による植民地争奪戦の時代であり、白人にとって有色人種は「人」ではなく、奴隷に近い存在でした。日本はその暴風の中で独立を保ったばかりか、あっという間に欧米列強に肩を並べる強国となりました。

ところが、第二次世界大戦のより、日本は木端微塵にされました。三百万人以上の尊い命が失われ、国力は世界最貧ともいえる状況にまで落ちました。
しかし、そこから世界が驚倒するほどの復興を見せます。それどころか、戦後の日本は世界の平和に貢献し、多くに発展途上国を援助します。

これが日本です。私たちの国です。
ヒストリーという言葉はストーリーと同じ語源とされています。
つまり歴史とは「物語」なのです。本書は日本人の物語、いや私たちの自身の壮大な物語なのです。

百田尚樹

本当の歴史の教科書

500ページに及ぶ大作ですが、半分以上が幕末以降の内容です。
素晴らしい以外感想がありません。戦争を経験していない我々からすれば、これが歴史の教科書です。
あえて「序にかえて」をコピーさせて頂いたのは、買って欲しいからです。

一度読んでも理解出来ません。私もあと数回読む予定です。
バブル崩壊の原因に関しては書かれていませんが、それ以外は日本の良いも悪いも全て記載されています。

「紀」を書かれている本です。物語です。
こんな本を10代の日本人全員が読めば、凄く素晴らしい国になると思います。
今までの知識の点が線になる事が出来ます。オススメです。

日本の事を深く愛し、日本の為に働いている全ての人達(過去も含む)敬意を称します。
ここまで忠実な歴史書は戦後初ではないでしょうか??偉業だとも言えます。
本当に感謝しております。

2,000円で2000年の歴史・・・2,000円で購入可能です。物凄くお得だと思います。
この本を要約すると、識な著者が日本国のあらゆる時代について、日本国の営みをていねいに描いた通史だと思う。

日本國がどのような生まれつきを持っていて、どんな経験を経て今にいたるのかを丁寧に書かれています。
通史であることから、大きく評価のわかれる歴史トピックスについては、その評価に関わる部分までの深みには立ち入ろうとしない。賢明な処置だと思います。
たとえば、聖徳太子の戦争、大化の改新、壬申の乱、南北朝、応仁の乱などの項目について、自身の評価を表明するのを避けている。
そんな中、自身の判断を表明している部分もいくつかあり、それを読むと著者は意外なほどに「リベラル」っぽいことを書いている。
たとえば、神功皇后、継体天皇の項目で、皇統系譜についての疑問を表明している。また、陵墓調査への評価についても、皇国史観に近い考えを持つ私とは、全く相容れない考えを持っているようだ。
それでも、私は本書を第1級の日本通史本として大々的に推していきたい。日本に生まれ暮らしてきた人々の営みを大切にして書かれた祈りの本であると思います。著者の最大の祈りは、ごく早に、本文3ページ目に書かれている下記部分だと思われます。
「著者も読者も、縄文時代の女性が命がけで産み、育てた子供たちの末裔である」
著者の発したこの祈りと感謝の気持ちを大切にしていこうと思います。本当にありがとうございます。