女の子と目が不自由なお母さん

昨日の事です。
頭から離れないので、記載してみます。

お昼休みに「松屋」で昼食を取ろうと思った時の事です。

歩いていると。道端に女性が倒れていました。
左には3歳~4歳だろう女の子だいました。

その両サイドをみなさん素知らぬ顔で、通り過ぎている況でした。

私は最初、んん??なんだろう??と思って走って駆け付けました。
近くまで行くと、ある事に気づきました。

お母さんはどうも目が見えない方みたいで、右に杖が転がってました。
あっ大変だと思い、私は「大丈夫ですか?」とお母さんの両脇を持って起こしました。

そして転がっている杖を、お母さんの右腕に渡しました。
もちろんお母さんは「ありがとうございます」と言ってくれました。
申し訳なさそうに、恥ずかしそうに俯いていらっしゃいました。

なにより驚いたのが、女の子が両手をきれい体の前で重ねて、
「ありがとうございます」「大丈夫です」「ごめんない」
と深々と頭を何度も、何度も下げられました。

私は完全に胸が苦しくなって固まってしまいました。

何も言わない私を、女の子がボーと見ていたので、私はハッと思い。
「良かった大丈夫??」と声をかけました。

女の子は、段差をお母さんに伝える事が出来なかったと言ってくれました。
そしてお母さんの膝を何度も何度もスリスリしてました。
「ごめんなさい」と泣きそうに・・・

私は涙を堪えて、「またね」と言う意味不明な事を言って立ち去りました。
そこから2時間抜け殻になってしまいました。

思った事は下記3点です。

➀まずは横を見て見ぬふりして通り過ぎた人達の事です。

日本人として大変空しくなりました。
こんな国でしたっけ??日本・・・

私は女の子を抱きしめて、「こんな国にしてしまってごめん」
と言ってあげたかったです。

偽善だろうと、何だろうとかまいません。
私は目の前に困っている人がいたら必ず手をさし伸ばします。
誰になんて言われようと。

私はおせっかいの人が減った状況を、良しと思いません。

②次に、女の子の頭はボサボサで、洋服は凄く汚れていました。
んーーー。これは確かに・・・お母さんはどうやって分かるのか??です。

何を気づくにも、視覚からの情報は本当に多いと思います。
我が子の頭がボサボサでも、手で触るだけでは分からないと思います。

私は五体満足です。
感謝しないと行けないと思いました。

たまーに悩んだり、考え込んだり、します。
それを凄く反省しました。

なんて私は恵まれているんだと思いました。
まだまだ新しい発見をたくさん出来ると思いました。

そして初めて生んでくれた両親に感謝しました。

⑶その時ワークショップをしてました。
なんで誘えなかったのだろうと思いました・・・
また女の子の事を褒めてやることも出来たと思います。

「偉いね」「優しいね」「どこに行くの?」「頑張ってね」
一言も出てきませんでした・・・

まだまだ口ではええこと言っても未熟だと思いました。
もっと鍛錬を組んで、いかなる状況でも最高の対応が出来る男になりたいと思いました。

こんな国ではありません。
いつか飽きる程ビジネスに飽きたら、
そのような素敵な子達の為に、人生使うのも悪くないなとー。思いました。

我々恵まれています。
日々感謝ですね。
今、何不自由なく仕事出来る環境に感謝します。