経営状態を示す3つの資料

既存の会社において、会社の運営状況を把握するべき資料が3つあります。
新規の大事な取引先との契約時に、こう言われた経験はないですか?
「過去2年分の決算書をください!BS、PL、CSをお願いします。」

とりあえずこういわれた時にアタフタしないチームでいましょう。
基本的な用語をまとめます。
決算書の下に3つの資料がくっついてるイメージです。

決算書とは??
企業が利害関係者(債権者や投資家等)に、一定期間の財務状態や経営成績を報告するための書類。財務諸表ともいう。主に貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書があり、これらを「財務3表」と呼ぶ。

貸借対照表(B/S)とは
貸借対照表はバランスシートとも呼ばれ、企業の一定期間の財政状態を「資産」「負債」「純資産」から見ることができる。※資産=負債+純資産

損益計算書(P/L)とは
損益計算書とは、企業の一定期間の収益と費用、つまり利益の状態を「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」から見ることができる。
これは一番なじみがある資料だと思います。
売上から経費を引いてなんぼ儲かったか??の資料です。

キャッシュフロー計算書(C/S)とは
企業の一会計期間のキャッシュ(現金や現金同等物)の増減を「営業キャッシュフロー」「投資キャッシュフロー」「財務キャッシュフロー」から見ることができる。

①貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう):BL
②損益計算書(そんえきけいさんしょ):PL
③キャッシュフロー計算書:CS

まず3つの資料の役割を把握する事をオススメします。
今回は特に重要な①の資料に関して記載します。

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)バランスシート、BL

要は会社の資産と負債を現した表です。
どれくらい会社に体力があるのか?借金はどの程度か?
会社の生産性を表す表となります

Aさんは自分の手持ち金10,000円と友人Bさんから借りた20,000円の計30,000円を持って競馬場へ行きました。その状態を貸借対照表で示すと以下になります。

こ日は、なぜか絶好調。30,000円で馬券を購入して40,000円の配当金を得ました。ということは10,000円の儲けです。その場合、貸借対照表はこうなります。

元々の手持ち金10,000円+競馬で儲けたお金10,000円、友人Bさんにまだ借金20,000円を返済していないAさんの手元には合わせて40,000円あります。これを「資産」といいます。※貸借対照表では返済してないお金も資産となります。

でも、友人Bさんに借りた20,000円は返済しなければいけないお金です。
※この返済するべきお金は「負債」と言います。

これが大きな貸借表の理解で良いと思います。
もちろん、もっと深く潜る事も可能だと思います。

私は下記①~⑤を理解出来れば良いと思います。
何が見れるのか?何を基準にしたら良いのかを記載しております。

① 自己資本比率(高い程自己資金にて運営している)(低い程他人に任せた経営)
純資産÷資産合計
0%以下 経営状況が厳しい状況
20~40% 普通
40~70% 経営状態が良い
70%以上 優良企業

②負債比率(負債を今段階で自己資金にてカバーできるか?)(低い程優良)
負債合計÷純資産合計
100%切る事が理想であるが日本の会社は借入が多く現実難しい状況

③固定比率(固定資産に投資した資金がどれだけ自己資金で賄われているか?)
固定資産÷純資産合計
100%以上だと固定資産への投資が自己資金を上回ってる状況
200%以上だと固定資産への投資が過剰な場合が多い
100%以下だと固定資産への投資が消極的だと認識する

④流動比率(今年支払うお金、今年お金に代わる比率)(高い程良い)
流動資産÷流動負債
130~150% 良い
100%以下 悪い
200%以上 優良企業

⑤流動比率(商品を抜いた流動比率)
(流動資産-商品)÷流動負債
100% 超える事が理想
70以上 が優良企業

ネットで色々な資料が手に入ると思います。
一度上場企業の貸借表で練習すると尚良いと思います。

ただ大枠会社の価値は大きく変革しております。
先日お伝えしたように、決算書を無視した買収が多発しております。
またその買収のほとんどの成功しているそうです。

決算書

①貸借対照表
②損益計算書
③キャシュフロー計算書
④社員モチベーション表
⑤ユーザー保有数
⑥地域貢献度指数

①~③が既存の「財務3表」と言われるものです。
④~⑥が今後、会社の価値=資産として可視化されるべき数値だと思います。
④~⑥を表す資料が必要になってくると思います。
今回の貸借表は凄く大事ですが、全てではないと理解ください。

資本主義の中では、企業対企業の取引では凄き大切な資料です。
企業様へ営業する場合でも、基礎さえあれば困る事も恥をかく事もありません。

知ってて損は無い!!と言う事です。
苦手なんです・・・・ではダメです。知らない事は学びましょう。
全社員ハイレベルを目指しましょう。

ちなみに貸借貸借表だけで判断出来ない事は下記です。

・借入が多いのはなぜか?
・必要な借入を行っているのか?
・自己資本が多いのはなぜか?
・融資を受けられる状態を作れているのか?

このように考え、借入金が多くても良い基板を作っていたり、
借入金が無くても借入ができない理由があるかなどを見なければいけません。

最終的には、損益計算書やキャッシュフロー計算書を含めた総合的判断になりますが、今回は貸借対照表を簡単に見る方法を理解して貰えれば大丈夫です。

※あくまでも個人的見解です。
 専門の人からすればそんな単純なモノでは無いと言われるでしょう。
 ただ個人的には理解よりも把握で十分だと思ってます。