大川市4月家具展示会

全国の家具・インテリアバイヤーさんが大川市に大集合

大川市では、年4回家具の展示会が開催されます。※1月・4月・7月・10月です。
4月の展示会は、その内の一回です。4回の大川市の展示会の中で、一番来場者様が少ない展示会でもあります。
逆に言えば、一件のお客様とゆっくり商談できる展示会とも言えます。

このタイミングでどうしても、全国のバイヤー様・参加メーカー様に伝えたい事があります。

年々お客様の数は、減っているように感じます。※来場者数です。
増えているのは一枚板屋さんだけですね・・・
競合様の登場が我々の成長の糧となる事も事実です。
もっと言えば一枚板業界がもっと盛り上がれば、素敵だなと思っております。

お客様と話していて思うのは、お客様も顧客を増やす事に苦戦されているのが現状です。
トータル8掛けぐらいで推移しているのかなと思っています。
我々は問屋です。「顧客様の顧客様を増やす」事が一つの使命でもあります。

(B+B)toCと言う考え方

その為、「顧客様の顧客様が減っている」昨今では、モノを売り、そのモノを売って頂くスタイルでは数字は伸びません。
本当に「顧客様の顧客を増やす」事を真剣に考えなければいけないと思っています。
是非、展示会に来られているバイヤーの皆様・大川市のメーカー様(B+B)toCの考えで商談をしてみてください。
作り手とバイヤー様が手を取り合い、商品を販売しましょう。

とても素敵な商売になると思います。
そして、その考えで進めれば、家具業界も更に盛り上がる事だと思います。
BtoBの考え方を完全に否定している訳ではありません。
「顧客様の顧客様」が増えている状況であれば、その考えのみで大丈夫です。

しかし、減少している状況では、BtoBの考え方は、作り手と売り手の衝突の原因にもなります。
我々問屋の成果は「顧客様に起きた変化」です。増収増益が一番の成果だと思いますが、その為には顧客増が必要です。
そこを遂行する為に、家具メーカー・家具問屋には何が出来るでしょうか??
そして、この展示会の役割とは何でしょうか??
そんな事を考えて展示会を頑張ってます。

全国の業界の皆様。是非(B+B)toCの考え方で、明日までの展示会を過ごしてみてください。
必ず「顧客様の顧客様」増加につながると思います。
「顧客様の顧客様」が増える事が業界発展の一番の近道です。
モノを売る・モノを買うだけの商談は辞めましょう。業界発展をみんなで考えましょう。

と若造なりに生意気な事を考えながら過ごしております・・・
作り手と売り手の相思相愛が必要です。一致団結して社会に家具を発進して行きましょう。
安く買えた。高く売れた。みたいなレベルの低い商談が少しでも減る事を切に願っております。