2019年4月21日(日曜日)

今日は、大阪法人部のマネージャーの澤田君と、堀江ギャラリースタッフはなちゃんの結婚式でした。
スタッフ同士の結婚式は、これで二度目ですが、やはり普通の結婚式とは違った想い入れとなりました。
2人とも、本当に素晴らしい結婚式にご招待してくれてありがとうございます。
これからもお幸せに・・・そしてこれからも、一緒に頑張りましょう。

人生初の夜行バス

初めて夜行バスを体験しました。感想は、たった一言「二度と乗る事はない」というものです。笑
このバスでの大阪までの道のりが、二人の結婚式でなかったら途中で降り、泣きながら、怒りながら帰る所でした。笑
しかし、大阪で二人が待っている事を思い出し、目を瞑り、一秒でも早く、気絶する事を祈りました。

そんな夜行バスが、福岡を出発したのが、PM10:30です。
数時間すると、私は泣きそうになってました。
きしむ腰・・・ムズムズする足・・・動かなくなる首・・・むくむ顔・・・乾燥するお肌・・・かゆい・・・
そんな葛藤と戦いながら、数時間頑張りました。多分気絶出来たのは、深夜3時過ぎだったと思います。

起きた時には、神戸までたどり着いていました。
そして、午前7時半に無事に梅田へと辿り着きました。
バスから降りると、まるで犯罪者が懲役から帰ってきたかのような達成感がありました。
あぁー気持ちが良い。これが、第一番目の感想です。

次に思った事は、さぁー二人をお祝いする体制は整った。かかってこい。そう思いました。
もちろん夜行バスでの旅、良い点もありました。実は、今まで挨拶などをするときに、メモを書いた事がありませんでした。
思い付きでいつも話をさせて頂いておりました。
しかし、今日はバスの中で時間があったので、二人のお祝いの言葉を考える時間にはとてもよかったです。

2人の事を想像し、せっかくご指名頂いたからには何か大切な事を伝えたいと思い考え抜きました。
その時に話した内容は、一番最後に記載しております。

挙式スタート

場所も赤レンガ倉庫で、とても雰囲気がある会場でした。
大阪にこんな所がある事を知りませんでした。
クラシックカーの販売店も併設されており、色々な販売方法があるなぁーと感心しました。

挙式が始まると、すぐに大阪のハニカミ王子が入場して来ました。
なぜ結婚式では、どんな人もハニカムのでしょうか??
とても澤田君が可愛らしく思えました。て言うか幸せすぎオーラ半端なく直視できませんでした。笑
そんな澤田夫妻が選んだ挙式のスタイルは「人前結婚式」でした。
このスタイルは、自由度が高いですし、確かに理にかなっているスタイルだと感じました。現代風とでも言いましょうか。

信心深い人であれば、イエスキリストや、神様に誓う事も2人にとって影響力あると思います。
信心深いわけではなく、人情深い(例えば澤田夫妻)みたいな夫婦は、
「人前結婚式」参列者に誓うと言うスタイルが、説得力あるのかもしれません。

何よりも、2人が納得できるスタイルを選ぶ事が一番大切です。今回の選択は、とても2人っぽかったです。
とても素敵な結婚式でした。
また弊社の大阪イケメン2トップがこの証人約を任命されていました。

クライマックス

この挙式の中で、個人的に素敵なだな。そう思った写真を2枚添付します。

披露宴スタート

思いました。やるならとことんやる。ゲストの事を考え少しでも喜んでもらいたい。楽しんでもらいたい。
そして、出来るだけ2っぽさを出したい。このことが本当に理解出来ました。
演出としてとても素晴らしい披露宴でした。多分、はなちゃんの企画力あっての事だと思います。
何よりも、様々な「ネコ押し」さすがでした。

人生で「ネコ」の事を考えた事が、トータル時間10分もありません。笑
私からすれば、犬・ネコは、バッタ・カブトムシと同等の価値しか見出しておりません。笑
そんな私が、ちょっとネコに興味出ましたからね。笑

まじ洗脳されました。笑
誰に??・・・・そう・・・この2人に。笑

もうね。私からすれば・・・この2人・・・ネコのスパイだと言っても過言ではありません。
いや、もはや、この2人が、ネコなんでしょうね。
北朝鮮。ロシアのスパイも恐ろしいですが、ネコのスパイも恐ろしい事を思い知らされました。笑

冗談は、さておいて・・・笑
本当に準備にどれくらい時間使ったんだろう・・・と心から感銘を受けました。本当に素敵な披露宴でした。
そこには、2人のチームプレイが見て取れました。
「笑」の部分は澤田君らしさが出てました。そして、「感動」の部分には、はなちゃんらしさが出てました。

「2人らしい」披露宴だったと思います。
この「らしい」を前面に出す事は、簡単そうで、実は、難しいです。色々な人の事を考え躊躇するモノです。
しかし、見事に。思いっきり。そしてネコとして。
2人らしい披露宴を開催してくれました。またそんな素敵な披露宴に、招待してくれて本当にありがとうございました。

あっ、そういえば。前田店長の乾杯の挨拶も、とても素敵でした。
これも同じで、とても健人っぽかったです。その健人をニコニコと動画を取る嫁の沙織ちゃん。
きもっ。て思いました。笑

嘘です。笑
とても微笑ましく見ていました。
そんな2人も今後、新しい家族が増え、新しい悩みも出ると思いますが、2人らしく成長してください。
大川より応援してます。そしてなによりも、一日でも早く「ブビンガ」と会える事を楽しみにしています。

そして、日本一のスパルタ「沙織教育」で、令和の大和なでしこ。令和の大和タケルを育ててください。笑
名前は、ブビンガを選んでくれてありがとう。

澤田夫妻へ・・・

先ほど記載したように今回は、祝辞をメモして挨拶をさせて頂きました。
その為か・・いつもよりグダグダとなってしまいました・・・慣れない事はするものではないですね・・・反省です。
申し訳ありません。私は所詮、ルール・線路・順路が決まっているとあまり機能しないみたいです。笑
本当に申し訳ないと思っています。

しかし、本来言いたかった事を全てメモしておりました。
そのメモを元に、2人に今伝えたい事を記載します。

スピーチでも伝えたように、「働く」と「結婚生活」は似ています。
そんな中でも特に私が思う事を3つ共有します。この3つを忘れずに生きて欲しいと思います。
幸せな人生を送る為には両方を同じように攻略して欲しいです。
これから時代は激動の時代へと変わります。どんな時代になろうと、頑張る以上に楽しい生き方はありません。

では、下記に3項目記載します。もし良ければ最後まで読んでみてください。

伝えたかった事3項目

  1. 楽しい仕事と楽しくない仕事がある訳ではない。
  2. 仕事もプライベートも浮き沈みがあって当然。
  3. 働くとは「傍を楽にする事」結婚も同様に、自分を楽になる為にするものではない。

⑴楽しい仕事と楽しくない仕事がある訳ではない。

これと同様に、幸せな家庭生活と不幸せな家庭生活がある訳ではありません。
楽しく働ける人と、楽しく働けない人の2パターンがあるだけです。
幸せな日常だと感じれる人と、そうでない人がいるだけです。この部分を勘違いだけは、して欲しくないです。

仕事でも同じですが、逃避の手段とてして、「転職」「退職」を選択する人は、必ず失敗します。
全て理屈は、同じです。逃避の先には何もありません。
今のパートナー以上に幸せにしたい人が出来たら迷わず別れなさい。

パートナーが嫌になったとか。楽しくない。みたいな理由で逃避しては失敗します。
是非、自分が幸せを感じれる人へ成長して欲しいと思っています。
相手が、もし幸せを感じていない雰囲気の時は、しっかり対話する事です。
これは、働く仲間も同様です。アメもムチもいりません。大切な事は、対話だと思っています。

⑵仕事もプライベートも浮き沈みがあって当然。

楽しい時も、辛い時もあります。これが人生です。仕事も家庭もずっと楽しいでは、ありません。
惚れた・たったはいずれ終わります。その時が大切です。テンションが下がった時が肝心です。
これは、仕方ない事です。人生には、浮き沈みが必ずあります。♪♪人生~楽ありゃ苦~もあるさ~♪♪です。
ビジネスでも同様です。ずっと調子が良いビジネスなんてありません。悪い時もある、これがビジネスです。

仕事もプライベートも大切な事は、沈んだ時に、どう立ち振る舞いをするか??です。
沈んだ時こそ、周りの人を楽しく出来るのかどうか?ここが、とても大切です。
これが男の力量です。調子が悪い時は、黙っていて、調子が良い時だけ声が大きくなるのは、力量がない奴がする事です。

調子が悪い時こそ、家庭も仕事もリーダーシップを発揮して欲しいです。
パートナーが辛そうなとき、悲し事があったとここそ、明るく元気なリーダーで双方が居てください。
悪い時もある。楽しくない時もある。上手くいかない時もある。夜明け前が一番暗いのと同様です。

⑶働くとは「傍を楽にする」事。同様に結婚も自分を楽にする為にするものではない。

これは常日頃から言っている事なので、メンドクサイと思いますが、言います。笑
この考えは家庭生活・結婚生活でも同じ事です。自分が幸せになりたい、自分が楽になりたい。そう思ってする結婚は、続きません。
相手を少しでも幸せにしたい。相手を少しでも楽をさせたい。そう思い合う事が、本当の結婚です。

ご存知の通り私は、胸を張って「男女差別主義者」です。その為⑶に関しては男性が背負う部分だと思っています。
男は人を愛してなんぼです。女性は愛されたなんぼです。
そんな事を言うと、フェミママ達から袋叩きにされそうですが・・・笑

最近は、結婚も仕事も自分の為にする。そのような、甘い考え方の日本男児が増えている事に吐き気を覚えます。
そんな働きかた、結婚の仕方は、日本男児の生き方ではありません。

我々日本人には、日本人の生き方・働き方・結婚観があります。
その日本人古来の生き方・働き方は、全てを凌駕します。

時に欧米から輸入される「PDCA・KPI・生産性」管理を超える場合があります。
古来から伝わる日本人の働き方・生き方の最上級は「誰かの為に・・・」と言う考え方です。
この考え方が、どんな生産性・効率化を超越したモノになります。

是非お互いが、お互いの為に持っている能力を最大限に生かしてください。
時には無理をしてしまうのも、日本男児の良い所です。そんな時ブレーキ役としてはなちゃんが是非見ててあげてください。
誰にも愚痴も、不平不満も言わない2人が大好きです。今後はお互いには、愚痴を言える仲になってください。

最後に・・・

平成から令和へと時代が変わるこのタイミングで、2人が結婚できた事をうらやましく思います。
昭和の財産を口潰した時代が平成です。
虐待・DV・家族間の殺人・人口減・孤独死・毒親・核家族など、決して温かい家庭が増えた時代ではありませんでした。

しかし、令和はそんな時代にはなりません。平成は我々は後半部分しかしりません。
しかし、令和は、我々次第です。そんな素敵な温かい時代を代表する夫婦になってください。
言い換えれば我々は令和がどんな時代になっても言い訳一つ出来ません。

最後になりましたが、本当に素敵な結婚式にご招待頂き感謝しております。
改めて二人の幸せをお祈りします。仕事も家庭を2人らしく頑張ってください。応援しております。
そして、2人を心から尊敬しております。