「いけない」道尾秀介

新感覚の新しい小説でした。

久しぶりに「帯」にやられて、「単行本」を購入しました。
基本読みやすいので、文庫しか買いませんが、たまにこうして帯にやられて衝動買いしてしまいます。

そもそも、道尾さんの「向日葵の咲かない夏」は、胸糞悪い本NO1として大好きな本です。
そんな道尾秀介さんの本ですから、尚更興味を引きました。

読んでみての感想は、とにかく新感覚の本でした。
基本どんな小説もネタバレ・大ドンデン返しは、文章トリックを使われる事が多いです。そりゃそうです、小説ですから。笑

しかし、「いけない」のネタバレは、全て「絵」です。最後の大ドンデン返しも「絵」です。
全てを覆す衝撃の真相も「絵」で完結されています。

そもそも、架空の町で起こった4つの事件の短編小説集ですが、全ての物語の最後に「絵」が記載されています。

最初は、絵を見てもなんの事か分かりません。

10分程度眺めていると、納得できると思います。
「あっなるほど」「そう言う事か・・・」と思えた時は、とても爽快でした。

本当にこのような本を書く人は、頭の中が天才なんだと思いました。

そして素晴らしい本を読む事が出来とても嬉しく思いました。

あらすじ

ネタバレ注意

  • 第一章:「弓投げの崖を見てはいけない」
  • 第二章:「その話を聞かせていけない」
  • 第三章:「絵の謎に気づいてはいけない」
  • 第四章:「街の平和を信じてはいけない」

となっております。

各章ごとに主人公も変わりますが、基本同じ町で起きた事件を軸に物語が進んでいきます。

復讐殺人を捜査する刑事。殺人現場を目撃してしまった少年。他殺の疑いのある事件を追う刑事。そして全ての物語が最終章で絡み合うと言った内容です。

一枚の絵で全てを覆す衝撃に内容になっています。

正直凄く好き嫌いが、分かれる本だと思います。好きな人は好きですし、嫌いは人は嫌いだと思います。
私はとても好きな本でした。

本は、生き物ですね。

この体験は、確かに映画・TVでは体験出来ないです。
最後の白紙の手紙を見た時に感動する事間違いなしです。

是非次に読む本が決まってない人は、購入してみてください。