とにかく忙しく働こう。

「暇」は本当に働く我々にとって大敵です。

いかに「暇」な時間を削って、忙しく動けるかが、楽しく働く上で重要だと思います。
いかに自分自身で「忙しく動きまわれるか」が楽しく働く秘訣です。

仕事時間外でも忙しく働く事は出来ます。
ただ、休みの日に営業や製造をやって欲しいとは思ってません。

ただ休みの日でも忙しく働く事は可能です。

休みの日こそ情報収集の為に動き回る。

休みの日に出来る事は、情報収集のみだと思っています。
お店であろうと、TVであろうと、看板であろうと様々な場所に気づきのポイントはあります。
もちろん普段会う事が出来ない人に会ってみるのも良いと思います。

家族・彼女と遊ぶついでに流行っている場所・観光地などに行く事も良いと思います。
常に体は遊んでいて、頭は仕事モードでいる事をオススメします。

簡単に言えば常に「流行りアンテナ」を高く掲げておく事です。
飲食でも・お店でも・映画でも・本でも何でも良いです。

なぜ流行っているのか??と常に考えてください。
たかだか広告看板でさえ、なぜこの会社はこのような看板を出したのか??

どんな狙いで誰に対して出しているのか??
タレントを起用していれば、いくらぐらいだろうか??と考える事も良いと思います。

とくに私は「キャチコピー」や「文章」を見るのが好きです。
どんな会議をして、このような文章になったのかなと。と考えたりパクったりするのが好きです。

私とタクシー乗った事ある人なら分かると思いますが、必ず運転手さんと会話をします。
電車に乗れば、キョロキョロと、全ての広告の文章を必ずチェックします。

お店に行けば、出来るだけスタッフさんに接客して頂けるお店を選びます。
何も無ければ、本を読んで情報収集をします。

何も自分に宿題として与えている訳ではありません。
自然と情報収集をしてしまっているだけの事です。

これが自然と出来る。出来ない。は、今後会社で活躍できるかどうを左右すると思っています。

我々サラリーマンは、休日も給料をもらっています。
休日さえも賃金(経費)が発生しています。

優秀な人は、会社からのノルマ以上の事を数日でクリアできる人もいるでしょう。
極論、2日で目標をクリアできれば、そのあと更に働く。遊ぶ。さぼるは、自由でも良いと思っています。
それで人が付いてくれば。の話です。

売上とは、お金です。
お金を自由に操作出来れば余白(時間)を作る事が出来ます。

その時間を使い、旅行に行く。更にスキルアップする。などなそ自由で良いと思っています。
その為にも自分の休みの時間を大切にしてください。

家で過ごす、外で過ごすは関係ありません。
とにかくボーッとしててはダメです。

徹底して頭は常に仕事モードにしておいてください。
そして、仕事で使える情報を収集してみてください。

それが、日々楽しく忙しく働く秘訣です。
365日少なからず情報収集している人に労働時間8時間週休2日の人が、勝てる訳ありません。

本当にそれは新しい試みなのか??

会社からの要望をクリアする事が出来れば好きな事をやって良いと思っています。
一番重要なのは「変化対応」です。

会社は、常に新しい事に挑戦しよ。そう言います。
社員ももちろんそのつもりで動こうとします。

そして上手く行けば、自分の手柄のように錯覚をしてしまいます。

もちろん、既存の数字・既存のビジネスのみに固着しすぎるのは大変危険です。
新しい事が生まれる続ける事こそ、企業が生き残る方法だと思います。

新しいカテゴリーなどを狙う事を常に念頭に置いて良いと思います。

0→1を狙う事がとても重要だと思っています。
しかし、最近少し思う事があります・・・

0→1は、はっきり言ってやり尽くされていないか??と思っています。

会社を見ても同様です。

新しい事をやっているようで、対して新しくない事ばかり始まっているような気がします。
あたかも斬新な、新しい事をやっていると錯覚しているだけです。

どの企画も、冷静に考えれば今までやっていた事の延長戦上でしかない場合がほとんどです。
本当の0→1とは何なのかを真剣に考える必要があると思います。

まったく新しい発想とは何なのか??
本当に新しい挑戦とは何なのか??

ジョブチェンジなどを少しは考える必要があるのではないのか??
そして遠い未来の為にリスクを分散しておく必要があるのでは??と思っています。

もちろん新しい事をやるもやらないも本業が順調でないといけません。
創業50年間一期も黒字がなく、更にはジョブチェンジしていない会社を誇りに思います。

ただここからは更にインパクトある変化対応が求められると思っています。
時には、大きな変化対応を検討する必要もあると思っています。

「日本の関家具」から「地球の関家具」みたいなフレーズも良いと思います。

狙うべきは影響力。

その新しい試みで会社・社外・社会・地球にどれだけ影響を与えれるかが大切だと思います。
新しい事、古い事、今までやってきた事、なんでもいいです。

他者に出来るだけ多くの影響(インパクト)を与えれる事を考えてみてください。
必ず良い企画が生まれ、会社が成長すると思います。

現場だけのインパクトで終わる企画もあると思います。
会社全体を巻き込む程の、インパクトある企画もあると思います。

業界全体・社会全体・地域全体・日本全体・地球全体・・・と考えてみるのも面白いと思います。

とにかく視野をあまり狭くしないでください。
まだまだ楽しくインパクト与えれる仕事はたくさんあります。

これからも、たくさん生まれると思います。

必ず常に新しい情報を収集し乗り遅れないようにしてください。

そうすれば、日々忙しく働く事は可能です。

もちろん楽しく忙しく働く事は出来ます。

考えましょう。
考え抜きましょう。

必ずまだまやれる事はたくさんあります。