経済的脅威

コロナウィルスの脅威が話題です。
もちろん人命が何よりも優先させる事です。

しかし、私は経済的な脅威も懸念する必要あると思います。
ひょっとすれば、「リーマンショック」以上の経済的ショックを与えるのでは??と思っています。

簡単に言えば3つの不足が発生します。

  • モノ不足
  • ヒト不足(インバウンド)

この2点に集約されると思います。
モノ不足はそのままです。単純に今まで日本にやってきた中国製品が入荷しなくなります。

ヒト不足は日本で働く中国人が春節で中国へ帰り戻ってこない。
これか日本にやってきた、中国人を雇用するにはハードルが高くなります。

またインバウドにも大きな影響を及ぼすでしょう。

中国製品

中国製品を基盤に商売している会社は、日本にたくさんあります。
弊社も同じです。

毎月中国から大量の製品を入荷しています。
日本全体で考えると中国は、莫大な仕入れ先であります。

もはや地球の仕入れ先と言っても過言ではありません。

その仕入れ先が、モノを作らくなったらどうなるでしょうか??
今は在庫分で商売出来るとは思いますが、いつまで在庫が持つ事やら・・・

どこで買い物をしていても「メイドインチャイナ」の文字を見ます。
誰もが持っている「iPhone」ですら中国製です。

appleは「メイドインチャイナ」ではなく「アッセンブルチャイナ」と記載されています。
多分どうしても、「中国で作っている」ではなく「中国に作らせている」と表記させたかったのです。

日本人が着用している衣服の3割は、中国製ではないでしょうか??

いやもっと多い可能性もあります。

その中国製を元に、日本で商売をしている人がたくさんいる事が事実です。
業界で有名なニトリさん・アパレルのニトリさん・あとは食品加工会社・ホームセンター・自動車など影響を及ぼす会社は多岐に渡るでしょう。

直接的には「メイドインチャイナ」ではないが、材料・部本・パーツなどの一部を中国から仕入れている会社も多くあります。
何も中国製と記載がある商品だけ影響がある訳ではありません。

我々は驚く事になります。
ここまで中国に生産を任せていたのかと・・・驚愕するでしょう。

経済的打撃

このまま長続きをすれば、どれくらいの経済的打撃を受ける事になるでしょうか??
「東京オリンピック」ですら開催が危ういと唱える人もいます。

しかも、これからピークを迎える病気です。
本当に恐ろしいです。
今後どのような影響を及ぼすのか、商売人は考えないといけません。

どちらに転んでも良いように、「脱中国製」の背策を検討する必要があります。

もちろん人から人へ感染する事が一番の危険です。
出来るだけ人込みには行かいよう注意し、日本で流行する事を防ぐ必要があります。
病気はいずれ終息宣言がWHOからされるでしょう。

しかし、経済的影響はいつまで影響を及ぼすのか??
そもそも終息するのかすら分かりません。

今絶好調の企業が、大変な状況になります。
一時的なものである事を切に願います。

逆に言えば、この状況をプラスに転換出来る企業は、大きく成長する事になります。

逆に転換出来ない企業は、本当に危機的状況になるのでしょう。
我々の業界でも、大きく仕入れる商品を変えないといけません。

言い換えれば「売る」商品を変えないといけません。
仕入れが出来ないので当然です。

何とかこの状況を逆手にとって、大きく成長し日本を更に強くしましょう。
ひょっとすれば日本復活の鍵になるかもしれません。

まずは我々働く人の意識を変える必要があります。

モノの価値・モノの値段・モノの付加価値を本来あるべき姿に戻せる可能性もあります。

観光(インバウンドへの影響)

2019年訪日外国人の累計は、3,188万人に及びます。
そのうち中国人の訪日は960万人です。

およそ三分の一が中国からの訪日となります。

中国政府は外国への団体旅行を禁止しました。

団体客の割合は30%です。
よって年間288万人の観光客が日本にやってこないことになります。
凄い数ですね・・・・

オリンピック中止は可能性低いかと思いますが、今後拡大すれば可能性はあります。

これからますます病気が広まる可能性もあります。
とにかく令和2年。経済的には厳しい戦いになる事は間違いありません。

その中でどのような商売をするのか??最悪のケースを想定して動く必要があります。
景気が悪くなれば全てが売れなくなります。

全てが売れなくなる状況を想定して考えましょう。

そして考え抜きましょう。

きっと攻略方法はあると思っています。

中国の不景気は地球の不景気に直結します。
出来るだけダメージを減らせるように、今まで以上に我々は働く必要があります。

そして、他国の影響をあまり受けない強い国作りが必要な時です。