働く上でのリスクとは??

働く上で、リスクは常に付きまとう存在だと思います。
大きなリスクもあれば、小さなリスクもあります。
今日は、リスクに対して思った事を記載します。

リスクある仕事を選択する。

リスクがある仕事が多い方が、企業は成長します。
良く”社員の委縮”と言う言葉を聞くと思います。
これは真逆の状態です。

全員が、リスクある仕事を選択できなくなる状態です。
リスクが無い仕事を選択する社員が増えると、会社の矢印は、おのずと社内に向きます。
要は業務など、裏方の仕事がメインになります。

失敗しても、取り返しが付く仕事ばかり選択するようになります。
リスクある仕事は、スピードが遅く、リスク無い仕事はスピードが速い。
大きな会社になればなる程、多くの人が、その人ようになります。

これは、大企業とも言います。
リスクを選択できる人材が多い会社は、成長します。
リスクを選択できない人材が多い会社は、衰退します。

ベンチャーが強いのは、ここが理由です。
ベンチャーには、社風としてリスク選択が当たり前です。
少し会社が大きくなると、リスクを選択が難しくなります。

これは、代表者が新しい事に挑戦しよう。とどんなに発言しても変わりません。
社長の下。更にはその下にブレーキを踏もうとする人が多く存在します。
要は、ベテラン社員の存在です。
これが、ベテラン社員の悪い所です。

ベテラン社員の悪い所

ベテラン社員は、論理的で経験も豊富ですが、その能力をリスクを、
リストアップする方向に使ってしまいます。
リスクの書き出しが、癖として付いてしまうと、もうその人の成長は無いと思います。

この”リスク選択社風”は、社長一人ではどうする事も出来ないと言う事です。
社長一人の勢いで可能なのは、せいぜい50名までの企業だけだと思います。
それ以上の規模の会社が成長する為には、リスク選択を社風として取り入れる必用があると思います。

下記ある本の一説です。

※下記引用
人生が停滞しているときというのは、共通して、「行動していない」ときです。
とにかく「行動」するのみです。行動した人にしか見えない世界というのが、必ずあるのです。
※引用終わり

この本では「行動」と記載があります。
これは「リスクある行動」と解釈しても良いと思います。
みんな頭の中は、優秀です。特に日本人は頭の中が優秀です。
決して褒めていません。逆に罵っています。

その、”頭が無駄に良い”事が仇となって「行動」が悪いです
太文字で書いたように、無駄になるからダメだと言っているだけです。
逆に無駄にならないようにする為には、どうするのか??です。
簡単です。考えた事を可視化するしかありません。
可視化する為には、行動するしかありません。

結局やったもん勝ちです。若者が頭ばっかり使っても一緒です。笑
リスクを選択できなければ、今後あなたの成長は無いと思います。
くどくどくどくど、言う日本人が増えすぎです。笑
うるせーと思っています。笑
前も言いましたが、思想と行動が一致していない人間ほど滑稽なモノはありません。

これだけ男女差別思想の私が、女性に暴力振るったら滑稽でしょ??笑
これだけ仕事仕事言っている私が、急に辞めたら滑稽でしょ??笑
私は、滑稽な人間にはりたくありません。
思想と行動が完全に一致させる事は、不可能です。

自分が、意図しない解釈を他からされる場合もあると思います。
それで、良いんです。
理想・思想・想い・使命・哲学さえ語れない人間よりは、よっぽどいいです。

横道に反れました。笑
とにかく、リスクから逃げるクセをなくしましょう。
日々新しい行動をしてみましょう。日々リスクあるドキドキする仕事を探しましょう。
もちろんチームとの協調性は必要ですが、時にはチームには理解不能でも良いです。

本当に大切な事

いつかチームのみんなに分かってもらえる行動なのか?
永遠チームのみんなに理解されない行動なのか?だと思います。

いつかみんなに理解される行動だと自信があれば、率先してリスクを選択しましょう。それが、チームの為でもあります。

自信が無いうちは、単独でやれば良いです。
自信が付いてくれば、仲間を増やす事も視野に入れましょう。
それもスピードを上げる為には、必要な行動です。

リスクが無い仕事とは??

➀成功・失敗が自分にしかわかない仕事。
②自分が、何度もやった事がある仕事。
③売上に大した影響が出ない仕事。
④納期などお客様からの要望が無い仕事。
⑤変化がない仕事。
➅臨機応変能力が必要ない仕事。
⑦賛同者が多い仕事
⑧ゴールが見えている仕事

リスクがある仕事とは??

➀成功・失敗が不特定多数の人に知られる仕事。
②自分が、やった事が無い仕事。
③誰もやった事がない仕事。
④売上に影響が出る仕事。
⑤納期など常にお客様からの要求が来る仕事。
➅自分の進退をかける仕事。
⑦自分のチームの進退をかける仕事。
⑧会社の進退をかける仕事。
⑨変化が連続で続くの仕事。
⑩臨機応変に自分自信が判断する仕事。
⑪賛同者が少ない仕事。
⑫ゴールが、見えない仕事。

リスクと役職。

上にリスクのある仕事と、無い仕事を書き出してみました。あくまでも一例です。
仕事内容によっては、変わる内容も多くあると思います。
※気を悪くした人いれば申し訳ありません。あくまでも一般論です。

これにプラスして言える事は、高い役職者がリスク選択をするべきです。
これが、役職者の使命でもあります。
役職者が、リスクを選択できなくなるのは、日本の企業あるあるだと思います。
守りに入っている。と言う表現を使う人も多いと思います。

役職者が、リスク選択しない組織・・・これは本当に危険です。
役職者は、自分の決済の範疇でミスを補う事も出来ます。
一般社員よりも有利です。

その為、役職者は日々リスクを選択しましょう。
部下の管理・数字の管理これも役職者の必要な仕事です。
仕事の管理なのか、人の管理なのか常に念頭に置く事は必要です。
しかし、管理以上に役職者にとって大切な仕事は、リスクの選択です。

またリスクと給料も、関係性があります。
リスクが高い仕事は給料が高く、リスクが少ない仕事は、給料が少ないです。
これも、資本主義の大切なルールだと思います。

日本におけるリスクが高い仕事・低い仕事

日々、人の命を扱うお医者さんと、私みたいな営業職。
そりゃ医者がリスク高いです。
当然、私よりも給料が高くて当然です。

給料が高い仕事は他にも、パイロット・弁護士・経営者・芸能人・宇宙飛行士・などなど
たくさんあります。このような業種は高リスクです。
それは当然です。

羨ましい・・・では無いんです。当然だと理解しましょう。
私が一番、給料とリスクを天秤にかけて良いなぁーと思うのは、
公認会計士と薬剤師です。笑
これは、そんなにリスクありません。そして高配当です。笑
知り合いの子供から、楽して儲かりたいと言われたらオススメする職業です。

もちろん私の知らない大変な苦労は、事は多く存在するかと思います。
客観的に見たらですね。笑
※ここでも、気を悪くした人が居たら申し訳ありません。

今日が、とても重要。

では、具体的にリスクの選択とは、何をやったら良いのか??
いつからやったら良いのか??と思う人も多いと思います。
またポジションによっては、出来る事に限りがある・・・などなどあると思います。
ここは断言させてください。それは、言い訳です。

ここまで電話・手紙・メール・SNSが発達していなかったら一理あります。
しかし、ここまでテクノロジーが発達している今、その言葉はナンセンスです。
ましては弊社には50年の歴史があります。会社の看板があります。
ある程度業界に近い人であれば、誰にでも知って頂いている会社です。

その環境の中で、何をやったら??とかポジションとか言い出したらバカです。
ただの言い訳です。やらない理由を無駄な頭を使って捻出しているだけです。

電話番号を検索すればどこにでも電話かけれます。
誰にでも営業かけれます。※その他の職所でも同様です。
何でも出来ます。

現に、配属されたばっかりの社員が、有名な芸術家の人と繋がってくれました。
大手広告代理店でも、一目置くような芸術家の方です。
その社員から相談を受けたのは、配属された、2日目でした。

新入社員の行動力

「このような作品があります。いつの日かこのような作家さんとコラボしたい」
と言う内容でした。
私は、「今電話してみて」と言いました。
もちろん電話はHPに乗っていませんでした。
メールアドレスは記載がありました。

そこで彼は、メールを送り、やり取りをして、東京で合う約束までしました。
大手広告代理店に聞くと、会う事も困難な人だそうです。
しかし実際に会い、打ちあわせをして東京から帰社して来ました。
そして今、大きなプロジョクトとして進めてくれています。
※ここは、事が進んだら皆様にも報告出来ると思います。

本当に、素晴らしいリスク選択です。
案外上記動きは、ベテラン社員が出来ない動きです。

皆様も、今日の8時間の中にリスクある選択を必ずしてください。
今日出来ない人は、永遠出来ません。
いつか・・・ではありません。今日だけ頑張れば大丈夫です。
是非、何か行動を起こしてください。

ボサッとしていたら、すぐに昼食の時間です。
眠いなー眠いなーと思っていたら、すぐに夕方3時です。
あと少し、あと少しと思ったいたらすぐに終業時間です。
そんな事を、毎日毎日やって楽しいですか??笑

そんな働き方しかできないのであれば、辞めた方が良いです。
邪魔です。そんな人の給料まで守る事は出来ません。
会社で払える給料には、限界があります。優先順位もあります。
リスクを背負っている人には、たくさん給料を払いたいです。

リスクを選択できない人には、給料が上がらなくて当然です。
もちろん会社の規定通り、少しは昇給もあります。出世もあるでしょう。
しかしそこまでです。

リスクは少なく、給料は高く・・・こんなバカな話は、ありません。
しかも休日増やす・・・笑
働き方改革なんて、バカげたモノには反対です。
私は、仕事生活一体型推奨派です。倒れるまで働いて何が悪い!!

働くとは 「ストレス」
そう思っています。もちろんこのご時世、強制はしません。笑

リスクを選択してください。
リスクを選択する訓練をしないと、本当に選択できなくなります。

リスクを選択できない人の増加、リスクを選択出来ない社風。
これが、会社を衰退させる現況だと思っています。

※リスク=危険と言う意味です。
そもそも日本の企業で、個人に危険が及ぶ事はありません。笑

リスクヘッジ。(一番のリスクは、何もやらない事)

この言葉を聞いた事あると思います。
この言葉は、リスクのリクトアップではありません。
特定の案件の想定できるリスクを、書き出す事でもありません。

リスクヘッジ・・・もともとは金融用語です。
使用例としては、ドルだけでは怖いので、リスクヘッジをかねて円にも投資をする。
みたいな使い方です。

何も、ドル投資に対してのリスクを書き出したり、不安点をあげたり、
そもそもドルに投資する事をやるのか、やらないのか??
という事ではありません。
色々な選択肢を増やす。これが本当に言葉の意味です。

一番のリスクは、何もやらない事です。
矛盾しているようですが、真実です。
何もやらない事以上に、リスクがある事はありません。

一つの案件に対して、やるやらないの議論はリスクヘッジとは言いません。
一番高リスクです。真逆です。
たくさん手を打っておく、
あの手、この手を模索しておく事が、本当のリスクヘッジだと思っています。

まとめ

長々と書きましたが、社員がリスクを選択できない環境が一番リスクです。
社員が、リスクある行動が出来ない社風が一番リスクです。
その為、入社歴浅い人の方が、ベタラン勢よりも優秀な場合があります。
ベテラン社員の方が、リスク選択弱いです。

そのように、私は言われたくありませんし、思われたくありません。
その為、常にリスクを選択して行動していきたいと思っています。
私の役職・ポジション・経験値では、荷が重いような仕事もたくさんあります。

それでも私はやります。やると言う選択をします。やらないリスクを回避します。
俺ではない、あの役職が付けば、いつかは・・・と環境のせいにばかりしている人は、
社長になっても何もやれないでしょう。
環境がどんなに変わっても、何もやれないでしょう。

それは、自信を持って断言できます。
リスク選択に、環境は関係ありません。
あなた自身が、やるのか?やらないのか?の2択です。

是非、リスクを選択してください。
金を使うとか、好きにして良いとかそんな事ではありません。
小さな事でも良いです。リスクを背負ってください。

世の為、人の為、会社の為とは大層な事は言いません。
自分の為に、リスクを選択してください。
リスクある行動を選択して欲しいと思います。
リスクある行動の選択、これが一番のリクス回避です。

これが会社を成長させる一番大切な、理念だと思います・・・

最後に良い言葉を見つけたので貼り付けします。
今日の内容に通じる事があると思います。