「売りたい人」と「売らざる終えない人」

双方の違い

いつも言うように「売りたい人」と「売らざる終えない人」の差は大きい。大きく何が違うのかを考えました。もちろん接客時の迫力・営業で大切な粘り強さもあると思います。しかし一番大きな差は販売後にあると思っています。
「売りたい人」は1件成約を頂くと、喜びます。成約後は、営業マンの判断を鈍らせる危険なモノでもあります。「売りたい人」と「売らざる終えない人」の双方の違いは、双方の目指すモノ・目指す状態が違います。

「売りたい人」は、とりあえず1件の成約が欲しい人です。
「売らざる終えない人」は継続的な、まとまった売上が欲しいです。

その為、「売りたい人」は成約と言う欲しいものが手に入った段階で、スイッチをOFFにする場合があります。優秀な営業マンは1件成約を取れたら次を見据えます。その差は営業マンとして大きな差だと考えています。

売れた喜びで、全てが見えなくなる営業マンと、次。次。と考え成約時のことをメモに書いたり、お客様をご紹介頂けるように最後に接客にプラスαしたり、ご帰宅前にお手紙を書く営業マンとは大きな差があります。そしてこの差は商談件数が増えれば増えるほど大きなモノになります。一言で言えば売れた事を深く考えるのかどうか??です。

全社員が「売らざる終えない集団」に成長する事が、営業チームとしてとても大切な事だと思います。

しかし、実現する為の手段が、ノルマ・フィーなどでは、ないと思っています。今後、全社員が「売らざる終えない集団」になる為には、やはり企業理念・ビジョンが欠かせない「鍵」なってくると思います。何のために・誰の為に・なぜ、今、目の前のモノ売る必要があるのか??なぜ今、目の前のに人に商品を勧めているのか??ここを全社員が意識する事が、一番営業マンにとって大切な事になってくると思います。

もちろん最初は、自分の為でも大丈夫です。給料を上げたいなども立派な「売らざる終えない人」です。家族が飢えで苦しんでいる、今日販売をして何としてもお金を持って帰るんだ。そういう気持ちも立派だと思っています。しかし大切な事は、すぐに達成出来るようなゴールでは、意味が無いと言うことです。

そして出来るだけ大人数の人を巻き込む為のゴール設定がおススメです。あとで詳しく書きますが、「承認欲求」を満たすことが大切です。

結局「働くとは??」に行き着きます。出来るだけ多くの人を「楽」にしたい、出来るだけ多くの人を幸せにしたい。これに勝るものはありません。

「売らざる終えない集団」

営業会社では、社員の尻を叩き、営業マンを鼓舞することもあると思います。しかし毎日、毎週、毎月、毎年尻を叩かないと行けません。このやり方は効率の良いやり方では無いと思っています。もちろん中間管理職を増やせば、このやり方も遂行出来る可能性はあります。少人数であれば、社長の一声で尻を叩くことも簡単でしょう。

しかしある程度の規模・会社の生産性を考えれば、決して効率の良い作戦とは呼べません。中間管理職・私みたいなポジションが今後、日本の会社では一番不要になって来ます。一番必要ないのは、間違いなく私でしょう。作り手と売り手が多くて、管理など裏方は最小限に抑えることが生産性を上げる鍵だと思っています。なによりも企業の生産性を左右するのは、やはり営業マンの生産性だと思っています。その営業マンの生産性が悪いからと言って中間管理職を増やすようであれば、本末転倒です。

もっと新しい、クリーンな方法があると思っています。会社の方向性・ビジョン・企業理念が更に重要になって来ます。逆に言えば会社の方向性・企業理念に賛同してくれない社員は、害悪となります。邪魔となります。全員が同じ方向を見ている営業チーム・・・これ以上に生産性があるチームは無いと思っています。
それを実現する事が、「全社員が売らざる終えない集団」になる一番の方法だと思っています。

「売りたい人」撲滅

入社当時は、全員が、「売りたい人」だと思います。先輩社員は早く「売りたい人」から「売らざる終えない人」に成長させて上げる事が何よりも重要です。よ要は、「売りたい人」が売れても、大げさに褒めてはならないと言う事です。これは、側から見れば親切です。しかし褒めると言う行為は人の成長を止める副作用もあるので、注意が必要です。

言い換えれば「今のままで大丈夫だよ」と諭す言動が、人の成長を止めているような気がします。もし「売りたい人」が近くにいたら成長させてあげてください。

そして「売らざる終えない人」が伝えてあげてください。「早くこっちに来い」と言ってあげてください。こちらのステージに来た方が、営業は面白いです。こちらのステージが楽しいです。売れた・売れないで一喜一憂していても楽しいはずがありません。

今後継続して販売をし続ける為には、どのような仕組みが必要なのか??販売を続ける為には、どのような業界であるべきなのか??販売を加速させる為には、どのような国であって欲しいのか??どのような会社であって欲しいのか??それを考える事が何よりも楽しくモノを売り続ける秘訣です。

今後ますます売上・ノルマ・給料・などで、人は動かなくなるでしょう。もうすでに動かない事は実験済です。笑
企業理念が大切ですね。本当にそう最近は、強く思います。私のように金で動く人間は、ますます減ってくるでしょう。そしていつの日か絶滅するでしょう。今後人が動く「鍵」は、しつこいですが、「承認欲求」だと思っています。我々の仕事・活動がどのように社会に役にたっているのか??を企業として、可視化する事が一番大切な時代になると思います。

何を??どのような人たちに??どのようにして提供するのか??です。

そして忘れては行けない事は、すでに、売ると言う行為は、社会に一番役にたっています。前回も書きましたが、売る以上に素敵な仕事はありません。断言します。売る以上に社会に役に立つ仕事もありません。自分の職種に誇りを持って欲しいです。これも「売らざる終えない人」になる条件です。

営業をやっているのに、職人・デザイナー・などに憧れている人達はダサいです。そのような人は永遠「売りたい人」ゾーンで苦しめばいいと思っています。そしてそのようなよその畑が良く見える程度の人は、職種を変えても同じでしょう。

営業マン最強説。この信念は変えません。そして誇りを持って今後も極めようと思っています。

これからの営業マン

モノを売る・・・これだけが、営業マンの時代ではなくなるでしょう。これは私のアイデアでは無く社員のアイデアですが、人の販売も必要になってくると思います。影響力のある個人が増えています。インスタグラマー・ブロガー・ユーチューバーなどなど、このあたりの個人を企業に斡旋する・販売することも営業の仕事になってくると思います。

  • 企業と企業
  • 個人と企業
  • 職人と営業
  • モノと消費者
  • 職人と消費者
  • 芸術家と小売店
  • 地方と都市
  • 地方と地方
  • 芸術家とデザイナー
  • デザイナーとプログラマー
  • 日本と外国
  • 教育と商売
  • 農業とデザイナー
  • 個人と個人

これらを結びつける役割を、営業マンと呼ぶようになると思います。

必ず営業マンが最強の職種になります。約束します。笑

なぜなら・・・私がその方向に持って行くからです。笑

今はカテゴリー・品群・販売先によって営業マンの呼び名が違うと思います。
先ほど書いた繋がりは、デザイナー・クリエイター・広告屋・企画屋などがやっていることと同じだと思われたと思います。現に上記に記載した動きを現代でやっているのは、営業マンではありません。

それらの職種と我々営業マンの違いは、最終モノを売るにこだわっている事です。誰かに任せるではなく、自分で繋いで、自分でパイプを大きくして、自分で坂路を開拓して、自分で集客して、自分で接客して、自分で売るこれが出来る。それを実現出来るのは、営業スキルがある営業マンだけです。

今はまだ営業マンを利用する動きが多いです。どちらかと言えば主導権が営業マンになり事が多いです。舐めるなよ・・・我々営業マンを・・・笑

待っとれクリエイター・デザイナー・広告屋・企画屋・本などを出版している連中達・・・我々の逆襲を見せてやる。これから使われるのは、君たちだということを私が実行してみせます。

それに、お客様を特定の場所で待つ営業スタイルは時代遅れです。あくまでもSR・お店は、お客様との商談の場となるでしょう。企業・商品目当ての来客から特定のスタッフ宛ての来客が増えてくるでしょう。

自分の知恵・足・口でお客様を呼び込みましょう。そして、困っている人の架け橋になりましょう。

  • いいモノが作れても、売る方法がわからない人もたくさんいます。
  • いいデザインがあっても、作れる所がわかない人もたくさんいます。
  • 良い商品を買いたいけど、どこで買えるのか知らない人もたくさんいます。
  • 売ることはできても、その後のオペレーションがわからない人もたくさんいます。
  • 営業をしたいけど、どこで出来るのかわからない人もたくさんいます。
  • 良い企画はあるけど、継続した売上の作り方が分からない人もたくさんいます。
  • 海外に発信したい技術があるけど、方法がわからない人もたくさんいます。
  • 日本の製品を購入したいけど、購入できる場所が無いと困っている人もたくさんいます。

まだまだ人の役に立てる方法は、営業マンとしてたくさんあります。そして何よりも重要なのは、モノの流れのゴール。消費者と繋がっている営業マンが1番強くなります。モノなどは溢れています。すでにもうお腹いっぱい状態です。届ける人が足りません。企画もたくさんあります。地方創生もたくさんあります。足りないのは、売る力。消費者に届ける力です。

個人が、今はなんでもできます。個人が大手企業よりも広告塔になっている人もたくさんいます。副業もOKの時代になるでしょう。新しい時代が始まります。その新しい時代で最強なのは、営業マンです。

もちろん営業マンにはテクニック・演技・考え方も必要です。今までのブログをたまには見返してみてください。やったりましょう。これから人を繋ぐのも、人を使うのも、人の1番役に立つのも我々営業マンです。

見とれよ。

浮かれてる連中ども・・・チヤホヤされて浮かれていると、営業マンに食われるぞ。

その時代がくる前に乗り遅れないように、勉強しましょう。笑